LIFE STYLE CHANNEL

日常生活の中からレビュー記事を中心に情報を発信するブログ

ホワイトハウスコックスのメッシュベルトのレビューとサイズ、ユニクロのメッシュベルトとの違いを比較してみた 

イギリスが誇る高級革製品ブランド、ホワイトハウスコックス

そして日本が誇るファストファッションブランド、ユニクロ

 

今回は英国御三家ブランドの一つである、ホワイトハウスコックスのメッシュベルトを購入したので、レビューとサイズをお伝えしつつ、コスパがとても良いユニクロのメッシュベルトと価格、質感含め、どのような違いがあるのか比較していきたいと思います!

 

 

 

ホワイトハウスコックスってどんなブランド?

まずはホワイトハウスコックスとはどんなブランドなのか解説しましょう。

 

ホワイトハウスコックスはイギリスを代表する高級革製品ブランド。

エッティンガーグレンロイヤルと共に英国御三家ブランドの一つに数えられる。

 

エッティンガーについてはこちらの記事も合わせてどうぞ↓

www.lifestylechannel.jp

 

1875年にホワイトハウス氏とサミュエル・コックス氏によって創業され、1920年までは鞭や手綱などの馬具用品英国軍からの依頼を受けた軍需要のものを製造していた。

 

1930年代に入ると徐々にファッション分野への参入を開始。

乗馬用の鞭、手綱に使用されていたブライドルレザーを使用したバッグやラゲージを製造していく。

 

1970年代には高級百貨店ハロッズで、ブライドルレザーで作られた犬の首輪、メッシュのリードを販売。

それを見たラルフローレン氏から人間用のベルトにアレンジしたいとの依頼を受ける。

ラルフローレン氏のポロブランドで商品化し、後に大ヒット。

 

世界中のデザイナーやバイヤーから依頼を受け、ホワイトハウスコックスの名は世界中に広がる。

 

ホワイトハウスコックス メッシュベルト レビューとサイズ

それではレビューとサイズの解説です!

 

こちらがホワイトハウスコックスのメッシュベルト。

f:id:Hiropapa:20210109211003j:image

Amazonで購入しました。

価格は税込18,700円。

 

 

まずはバックル部分。
f:id:Hiropapa:20210110110215j:image

ポリッシュ仕上げで高級感があります。

 

ベルト本体。
f:id:Hiropapa:20210110110509j:image

ブライドルレザーを使用し、ホワイトハウスコックス正規店の職人さんが丁寧に手編みをして仕上げています。

 

先端部分はスムースレザー。
f:id:Hiropapa:20210110112914j:image

 

本体裏面はこんな感じ。

f:id:Hiropapa:20210110122101j:image

 

サイズ展開とベルトの幅と長さ

バックルの裏面。

f:id:Hiropapa:20210110124342j:image
見えにくいですが、ホワイトハウスコックスの文字とサイズ表記。

私が購入したのは30インチでウエスト73~79まで対応。

上のサイズには32インチ(ウエスト78~84)、34インチ(ウエスト83~89)があります。

サイズ展開は28インチから40インチまで。

 

ベルト幅は28㎜。

f:id:Hiropapa:20210110125153j:image
ベルト幅は28㎜と32㎜が選べます。

 

長さはバックルから先端までが、30インチだと98センチ。
f:id:Hiropapa:20210110142557j:imagef:id:Hiropapa:20210110142619j:image
32インチからは100センチを越えてきます。

ベルト先端を少し垂らす使い方をするなら、少し長めを購入するのもアリ。

 

ジーンズとスラックスとの相性

ジーンズに通して見るとこんな感じ。
f:id:Hiropapa:20210110143359j:image

 

スラックスだとこんな感じ。
f:id:Hiropapa:20210110143431j:image

どちらにも合いますね。

 

 

 

ユニクロのメッシュベルトとの比較

ここからはユニクロのメッシュベルトとの比較をしていきます。

 

ユニクロのメッシュベルトについてはこちらの記事で↓
www.lifestylechannel.jp

 

左がホワイトハウスコックス、右がユニクロです。
f:id:Hiropapa:20210110143839j:image

価格はホワイトハウスコックスは先ほど書いた通り、税込18,700円。

ユニクロは税込2,990円。

 

バックルから見ていきましょう。
f:id:Hiropapa:20210110144153j:image

ホワイトハウスコックスはポリッシュ仕上げなのに対して、ユニクロはサテン仕上げ。

ここは好みで、ポリッシュの方が見た目に高級感が出ます。

サテン仕上げはアンティークっぽい印象。

バックルの大きさも違います。

 

遠めから見るとこんな感じ。
f:id:Hiropapa:20210110144612j:image

ホワイトハウスコックスのメッシュベルト幅は28㎜。

ユニクロのメッシュベルトは30㎜がスタンダードですが、私が購入したのはワイドメッシュベルトの方でベルト幅は35㎜とカジュアルな印象になります。

 

横から。
f:id:Hiropapa:20210110145101j:image

パッと見は価格の差を感じにくいですね。

 

裏面。
f:id:Hiropapa:20210110145243j:image

ホワイトハウスコックスはイギリス産のブライドルレザー。

ユニクロは中国製のレザー。

中国製といってもレザーの質感は悪くないんです。

 

ベルト本体部分の裏面は、ユニクロがテカりがあるのに対してホワイトハウスコックスはテカりがないです。
f:id:Hiropapa:20210110145523j:image

 

先端部分はホワイトハウスコックスがスムースレザーで仕上げてるのに対して、ユニクロは最後まで編み込んでいます。
f:id:Hiropapa:20210110145746j:image

 

価格の違い

価格の違いがどこにあるのかというと、まずはベルトの立体感。

f:id:Hiropapa:20210110145938j:image

写真だと分かりにくいですが、機械編みのユニクロに対して、ホワイトハウスコックスは職人さんの手編み。

 

横から見ると分かりやすいです。
f:id:Hiropapa:20210110150253j:image

上がホワイトハウスコックス。

下がユニクロ。

手編みの方が立体感と厚みがあり、革にも伸縮性があります。

機械編みだと革に伸縮性はほぼありません。

 

使っている革や、バックル部分の仕上げなども価格の差に繋がります。

そしてなんといっても何年も使い込んでいった時の風合いに一番の差が出やすい。

 

ユニクロのメッシュベルトは使い込んでも新品時と風合いはそんなに変わらないですが、ホワイトハウスコックスのメッシュベルトは使えば使うほどにツヤ感が出て、独特の風合いになります。

 

実際に購入して数回使用していますが、もう違いが出てきています。

ユニクロのメッシュベルトは購入から少し時間が経過してもまだ変化は見られません。

 

カッコよく革のツヤ感が出るのは断然ホワイトハウスコックスのメッシュベルト!

ただ、新品時のパッと見は両方ともそんなに差がないので、ベルトに特にこだわりがない人はユニクロのメッシュベルトで良いと思います。

 

まとめ

ということで今回はホワイトハウスコックスのメッシュベルトのレビューとサイズ、ユニクロのメッシュベルトとの違いと比較でした。

 

サイズに関してはホワイトハウスコックスのメッシュベルトは28インチから40インチと選べるサイズが豊富。

 

そしてメッシュベルトは穴位置がなく、どの位置でもベルトを締めることができるのも魅力の一つ。

 

両方所有して思うことですが、どちらも満足しています。

ユニクロのメッシュベルトはやはり圧倒的なコスパ良さ。

2,990円という価格での質感には驚きです。

ちょっと出かける時や、カジュアルスタイルの時に気軽に使っています。

 

ホワイトハウスコックスのメッシュベルトは少しビシッと決めたい時や、ベルト見せコーデをする時によく使う事が多いです。

 

比較した結果、価格差や質感はベルトにこだわりを持つか持たないかで変わってくると思います。

実際に手にとって見るとやはりホワイトハウスコックスの魅力がよく分かるので、ベルトにお金をかけてもよい人はホワイトハウスコックスのメッシュベルトがおすすめ。

 

しかし、どちらも持っていて損はないとても良いメッシュベルトです!

アニアリ(aniary)トートバッグ レビュー 使い心地と機能性を解説!

シンプルなデザインでどんな服装にも合わせやすく、大きさほどよく質感高くてコスパも良い。

そんな贅沢な条件のトートバッグを探していたところ、やはり私が以前から気に入っているアニアリのトートバッグにたどり着きました。

 

今回はアニアリ(aniary)のトートバッグを購入しましたので、その使い心地と機能性を解説します!

 

 

アニアリ(aniary)トートバッグレビュー

それではレビューしていきましょう!

 

こちらが本体。

Amazonで購入しました。

f:id:Hiropapa:20201212220731j:image

縦長タイプのトートバッグです。

こちらはアニアリ独自のニューアイディアルレザーではなく、アンティークレザーを採用しているモデル。

 

ニューアイディアルレザーについての詳細と、アニアリとはどんなブランドなのか知りたい人はこちらの記事も合わせどうぞ↓

www.lifestylechannel.jp

 

持ち手部分は手に持っても、肩にかけても丁度よい長さ。
f:id:Hiropapa:20201213074041j:image

 

底面はこんな感じ。

f:id:Hiropapa:20201213071641j:image

底鋲と呼ばれる、バッグの底を保護する金具は付いていないです。

 

表面と裏面、左右にジッパー付きのポケット。
f:id:Hiropapa:20201213071845j:imagef:id:Hiropapa:20201213071901j:image

見にくいですが、ジッパーの金具にはアニアリの文字。
f:id:Hiropapa:20201213072110j:image

質感良いです。

 

開けるとこんな感じ。

f:id:Hiropapa:20201213072230j:image

スマホや長財布も入るくらいの収納力。

 

続いてメインの収納部分。
f:id:Hiropapa:20201213072823j:image

サイド部分もそうでしたが中は無地ではなく、デザイン性のあるものに。

 カモフラ柄(迷彩)ですね。

 

小さいポケットも二つ付いています。
f:id:Hiropapa:20201213074400j:image

留め金具にも小さく文字が刻印。
f:id:Hiropapa:20201213074838j:image

 

収納力はA4ファイルがすっぽり。

f:id:Hiropapa:20201213074601j:image

 

しかし、A4ファイルを入れると留め金具はこのようにできません。
f:id:Hiropapa:20201213074739j:image

あまりこの手のバッグにA4ファイルを入れる人はいないかな?

 

 

そしてこちらがアニアリお馴染みのキークロシェット
f:id:Hiropapa:20201213075540j:image

購入すると一緒に付いています。

 

使い方は、金具の金の部分をスライドさせると開くので

ここに家や車の鍵などを引っ掛けて使うことが可能。
f:id:Hiropapa:20201213080027j:imagef:id:Hiropapa:20201213080105j:image

バッグに付けるとこんな感じになるので、アクセサリーとしてのアクセントにもなります。

f:id:Hiropapa:20201213080750j:image

ここはお好みで。

私はシンプルが良いので使っていません。

 

長さを測って見ましょう。

f:id:Hiropapa:20201213081033j:image

縦は33センチ

 

横幅は一番幅があるところで30センチ

f:id:Hiropapa:20201213170537j:image

 

持ち手は肩にかけるのを考慮して21センチ
f:id:Hiropapa:20201213170717j:image

口コミにありましたが、人によっては肩にかけるとキツイようです。

私は問題ありませんでした。

着る服や腕のサイズにもよると思います。

 

使い心地と機能性

気になる使い心地ですが、手に持つのはもちろん、持ち手の長さは肩にかけて使用しやすいように設計されていることもあり、とても使いやすいです。

 

さらに縦長でほどよい大きさなので、スマホ、財布、家や車の鍵くらいしか持たない人には丁度良いし、ペットボトル位なら入れてても邪魔になりません。

 

また、デザインがシンプルなのでどんな服装にもマッチするのも好印象。

カラーもブラックを選べばより使いやすいでしょう。

 

機能性の部分ではサイズが扱いやすい反面、収納力はそこまで高くはないのは仕方ないところ。

 

ですが、サイドのジッパーポケットの部分は収納力が高いのでそこに財布やスマホ、メインの収納部分に大きい物を入れるようにすれば大体収まります。

機能性という面ではサイドジッパーポケットは良いですね。

 

 

まとめ 

「シンプルなデザインでどんな服装にも合わせやすく、大きさほどよく質感高くてコスパが良い」というテーマで購入したトートバッグでしたが、個人的には満足しています。

 

このトートバッグに使用されているアンティークレザーは、アニアリ独自のアイディアルレザーと比べるとツヤ感はそこまででもないですが、使用していくと風合いを楽しめるようなので使い倒して変化を見たいですね。

 

価格も含め質感の良い本革のトートバッグを最初に選ぶなら、アニアリがデザインも高く、国産でコスパもやはり良いのでおすすめです!  

エッティンガー名刺入れ レビュー 購入後に感じた良い点と悪い点 

f:id:Hiropapa:20201122142324j:image

ビジネスマンなら誰もが持っている名刺入れ。

合成皮革のものから、本革仕様の高価なものまで様々な素材の種類があります。

 

今回はそんな数ある名刺入れの中から、私が実際に購入して使用しているエッティンガー(ETTINGER)の名刺入れのレビュー、購入後に感じた良い点と悪い点を解説していきます!

 

 

 

エッティンガーとは

f:id:Hiropapa:20201122142720j:image

エッティンガー(ETTINGER)は1934年に、ジェリーエッティンガーにより設立されたイギリスの高級革製品を取り扱うブランド。

 

同じく高級革製品を扱う、ホワイトハウスコックス(Whitehouse cox)、グレンロイヤル(GLENROYAL)と共に英国御三家ブランドの一つに数えられる。

御三家の中で唯一、ロイヤルワラント(英国王室御用達)

に認定されている。

 

牛革をナチュラルタンニンでなめしたブライドルレザーカーフレザーの2つの革を展開。

どちらも厳選された革を使用し、高い質感を誇る。

 

エッティンガー 名刺入れ レビュー

それではレビューしていきましょう!

 

こちらがエッティンガーの名刺入れ。
f:id:Hiropapa:20201118121204j:image

高級革の王道、カーフレザーを使用していて高級感があります。

革自体はカーフらしく柔らかい手触り。

価格は百貨店購入で3万円位でした。

ネットで購入すればもっと安く買えます。

 

開くとエッティンガーのロゴと文字が。

f:id:Hiropapa:20201118121323j:imagef:id:Hiropapa:20201120010958j:image

カラーは私が購入したこちらのパープルの他にターコイズ、オレンジ、レッドと4色展開されています。

 

 

名刺などを収納するポケットは4つ。
f:id:Hiropapa:20201122031521j:image

 

中にはロゴがあり、左右で色が違います。
f:id:Hiropapa:20201122031247j:imagef:id:Hiropapa:20201122031421j:image
左はグレーで右はブラック。

 

名刺を入れるとこんな感じ。
f:id:Hiropapa:20201120071144j:imagef:id:Hiropapa:20201120071220j:image
50枚収納可能とありますが、必要な時に補充して10枚くらいにしておいた方が見た目はスマート。

 

良い点と悪い点

f:id:Hiropapa:20201122142408j:image

良い点としてはカーフレザーの質感。

この革はほんとに柔らかくて触心地も良く好印象。

 

そして名刺入れを開くと目に入ってくる鮮やかなカラーリング。

ここは他の名刺入れにはない個性だと思います。

私が購入したパープルは開いた時に落ち着いた印象を与えるのが特徴。

 

レッドやオレンジは開いた時のインパクトがより強い。

ターコイズもパープルと同様であまり主張しすぎないカラーリングとなっています。

 

悪い点としては、カーフレザーの質感は高くてとても良いですが、傷が付きやすい。

カーフレザーではなく、カーフより硬いブライドルレザーを使用している名刺入れもエッティンガーにはありますので、傷が付きにくい方がいい人はそちらを選ぶのもありです。

 

 

まとめ

以上がエッティンガー名刺入れ レビューと購入後に感じた良い点と悪い点の解説でした。

 

ビジネスマンにとって必需品の名刺入れ。

良い名刺入れを使うことで自分の仕事へのモチベーションや、相手への印象も違ってきます。

名刺を渡された時にボロボロの名刺入れでは相手にも失礼ですし、ビジネスを行う中でマイナスになりかねません。

 

特に年齢も上がって来て会社でそれなりの役職に付く人、これから個人事業を始める人など、エッティンガーの名刺入れはあなたの格を少し上げてくれる英国紳士の名刺入れです。

クルチアーニのニットのサイズ感は?高級ニットの最高峰をレビュー

高級ニットの最高峰という声もあるニットブランド

クルチアーニ。

今回はクルチアーニのニットのサイズ感はどうなのか?

そして、実際に私が所有しているクルチアーニのニットをレビューしていきます!

 

 

 

 

クルチアーニってどんなブランド?

f:id:Hiropapa:20201001232355j:image

まず、クルチアーニとはどんなブランドなのか解説しましょう。

 

クルチアーニは1966年にイタリアのペルージャで創業されたマリタル(maglital)社のニット専門ブランド。

糸を紡ぐ、縫う、染めるという工程を全て自社工場で生産。

素材は高品質のものを取り扱い、抜群の着心地、シルエット、肌触りの良さが特徴。

 

また、カラーバリエーション豊富な刺繍ブレスレットも有名で、イタリア国内では社会現象に。

ニットとは違いブレスレットは1,000円ほどからと、気軽に購入できる価格帯となっています。

 

クルチアーニのニットのサイズ感

f:id:Hiropapa:20201001232503j:image

それではレビューの前に気になるサイズ感はどうなのか?というところですが、結論をいうと

サイズ感はタイトです。

 

なのでタイトなサイズ感が嫌いな人は、ワンサイズ大きめを購入するのがベスト。

私は小柄なのでジャストサイズを選んでいますが、もうワンサイズ大きくてもよかったかもと思います。

 

いつも46サイズを着る人は48。

48を着る人は50を選ぶ方がこのニットの良さが生きるでしょう。

 

私がファッションに関して勉強させて頂いている「FORZA STYLE 」編集長の干場義雅さんもクルチアーニのニットを愛用。

ワンサイズ上を着るのを推奨されています。

干場さん自身はスタイルもよく、クルチアーニのニットをTシャツ感覚で着こなしているそうで、カッコよい着こなしのひとつの参考になります。

 


干場の自腹買い! 【女性ウケもバッチリ】クルチアーニの新作を自腹買い

 

 

ニットのレビュー

それではニットのレビューをしていきましょう!

私が購入したのはこちらのニット。

f:id:Hiropapa:20201010221927j:image

Vネックタイプでカラーはブラック。

地元のセレクトショップで購入しました。

価格は定価5万円ほどをセール期間中だったので、3万5000円で購入。

 

 

Vネックの部分の仕立ては丁寧に仕上げられています。
f:id:Hiropapa:20201010222054j:imagef:id:Hiropapa:20201010222122j:image

広げるとこんな感じ。
f:id:Hiropapa:20201010222338j:imagef:id:Hiropapa:20201010223108j:image

 

袖と丈は絞られています。
f:id:Hiropapa:20201010222411j:imagef:id:Hiropapa:20201010222425j:image

透け感はこんな感じ。

f:id:Hiropapa:20201010223410j:image
生地が厚めなので透けにくい。

 

持って見ると重量感があります。

f:id:Hiropapa:20201010223538j:image

 

品質表示とサイズ。
f:id:Hiropapa:20201010223801j:image
サイズは44を選びました。

家庭では洗濯できないので、汚れるか、ワンシーズン使用したらクリーニングに出しましょう。

 

ウール100%の宿命ですね。

手洗いできないこともないですが、やはり水に弱く縮むのが怖いのでやめておいた方がよいと思います。

 

 

まとめ

高級ニットの最高峰といわれるクルチアーニだけあって質感は申し分ないです。

 

実際に高級ニットというものは初めて購入しましたが、価格も高かったので、大事にしすぎて正直まだあまり着ていません(笑)

 

購入時する際にはサイズ感はしっかりと調べておくか、実際に試着できるなら試着するのをおすすめします。

やはり先ほど書いた通りタイトなので、ジャストサイズで着るか、ゆったり着るか、重ね着するかなどを考えて購入しましょう。

 

そして、生地の厚み、さわり心地、着心地はとても素晴らしいブランドなので、私のように高級ニットを初めて購入される人は、クルチアーニのニットからデビューして見てはいかがでしょうか?

トゥミ【TUMI】メンズショルダーバッグのレビューとその使い勝手は?

トゥミのバッグといえばビジネスバッグ。

そんな印象が強いブランドですが、今回はプライベートでも使えるメンズショルダーバッグのレビューと、その使い勝手はどうなのか?を書いていきます!

 

 

 

 

トゥミってどんなブランド?

f:id:Hiropapa:20200930040224j:image

その前にトゥミとはどんなブランドなのか解説しましょう。

 

トゥミは1975年にアメリカで創業された、鞄の製造と販売をするブランド。

チャーリー・クリフォードによって設立。

拠点はニュージャージー州サウスプレーンフィールド。

 

名前の由来は、南米ペルーの偶像「トゥミ」にちなんで名付けられた。

 

鞄の特徴として、革製品の鞄と高耐久ナイロン「FXTバリスティックナイロン」を中心としたナイロン製の鞄を中心に取り扱い、イメージとしてはビジネスバッグの印象がとても強いブランドであり、主にビジネスマンからの支持が高い。

 

 

トゥミ メンズショルダーバッグレビュー

それではバッグのレビューをしていきましょう。

私が所有しているのはこちらのショルダーバッグ。

f:id:Hiropapa:20200928234028j:image

ナイロン製のバッグが中心のブランドですが、こちらは革製品のショルダーバッグで、トゥミのハリソンコレクションという中の「スコット」というモデル。

アウトレットで去年購入したものです。

 

 

裏面はこんな感じ。

f:id:Hiropapa:20200928235005j:imagef:id:Hiropapa:20200929000225j:image

ポケットが付いています。

 

 

サイズは横幅20センチ。

f:id:Hiropapa:20200928234043j:imagef:id:Hiropapa:20200928234054j:image
縦は22センチとコンパクト。


一般的な長財布なら縦向きで収納できます。

f:id:Hiropapa:20200928234608j:imagef:id:Hiropapa:20200928234631j:image
横向きだと無理やり押し込めば入りますが、財布が傷付くのでやめましょう。

 

 

 

TUMIのロゴ。
f:id:Hiropapa:20200928235148j:image
革の質感は、硬すぎず柔らかすぎず丁度良い。
価格は定価5万円くらいを、3万5000円ほどで購入しました。

 

 

タグは取り外し可能。
f:id:Hiropapa:20200928235309j:image

付いていてもそんなに邪魔にはならないです。

 

 

ベルトの金具も質感が高い。
f:id:Hiropapa:20200928235518j:image

長さ調整はもちろんできます。

 

 

開けて財布を入れるとこんな感じ。
f:id:Hiropapa:20200928235739j:imagef:id:Hiropapa:20200928235801j:image

 

中は茶色とブルーでおしゃれ。

f:id:Hiropapa:20200929000205j:imagef:id:Hiropapa:20200929000258j:image

中にはジッパー付きのポケットもあります。

 

使い勝手

使い勝手としてはコンパクトサイズなので、使いやすいサイズ感です。

 

ただ、少し大きいものや、ペットボトルなどを入れるとパンパンになり見た目も悪いので、財布や携帯、車や家の鍵などの貴重品を持ち歩くのには最適です。

 

 

まとめ

私が所有しているバッグの中でも、トゥミのショルダーバッグはとても気に入っています。

 

トゥミのバッグは初めて購入しましたが、ナイロン製が中心といっても革の質感も高く感心しました。

デザインやステッチの感じなども個人的にはグッド。

カラーもブラウンの色味は好みです。

 

収納力の部分では必要最低限の物が収まるので、あまり物を持ちたくない男性や、コンパクトなショルダーバッグを求めている人にはおすすめ。

 

ナイロン製のショルダーバッグもたくさん展開されているので、ナイロン製か、革製のショルダーバッグを好みで選べるところも良いですね。

ビジネスだけでなくプライベートで使いやすい、おしゃれなショルダーバッグです!

コール・ハーンのローファーはスニーカーとローファーのいいとこ取り!

コール・ハーンというブランドを知っているでしょうか?

ファッション好きなら、デパートやアウトレットなどで「COLE HAAN」の看板を見たことがあると思います。

 

今回はスニーカーとローファーのいいとこ取り!

コール・ハーンのローファーをレビューします。

 

 

 

コール・ハーンってどんなブランド?

コール・ハーン(COLE HAAN)は1928年にトラフトン・コールエディ・ハーンによって、アメリカのシカゴで創業されたブランド。

現在の本社はニューハンプシャー州・グリーンランド。

 

創業時はメンズシューズだけを取り扱いのみで、1979年からレディースの取り扱いも開始。

1982年からは世界中に店舗を展開し、多くのファンを集める。

 

1988年、NIKEに買収されて完全子会社になる。

買収されたことにより知名度は大幅に上昇し、トータルブランドとして成長。

コール・ハーンの革靴にNIKEのエアー技術を加えた革靴を開発

 

2012年にNIKEに売却され、現在はエイパックス・パートナーズが買収。

メンズ、レディースシューズのみにとどまらず、バッグや財布、服なども取り扱い、さらなるブランドの拡大をしている。

 

コール・ハーンのローファー レビュー

それでは今回もレビューしていきます!

 

こちらがコール・ハーンのローファー。
f:id:Hiropapa:20200802230613j:imagef:id:Hiropapa:20200802234941j:image

オリジナルグランドベネチアンというモデルになります。

価格はアウトレットで購入したので、2万円くらいでした。

定価は4万円くらい。

 

このローファーのウリはこのソール。
f:id:Hiropapa:20200802235031j:imagef:id:Hiropapa:20200802235147j:image
普通のローファーとは違い、ソールがスニーカーのようなので、とても歩きやすいんです。

 

サイズ調整にはインソール

ローファーはフィット感が命。

脱げないように履くためにはインソールで調整しましょう。

 

私はローファー購入時にこちらのインソールも一緒に購入しました。
f:id:Hiropapa:20200802235535j:image

厚みもあって調整しやすいです。

 

装着するとこんな感じ。
f:id:Hiropapa:20200803000147j:image

違和感ないですね。

 

つま先にさらにこんなものを詰めています。

f:id:Hiropapa:20200803000651j:image

これは女性用のつま先の詰め物で、これを入れることによりさらにフィット感が増して脱げにくくなります。

これは靴屋さんの小物コーナーなどで売っているので、つま先が余って脱げやすい人にはおすすめ。

 

靴下はローファーから見えないものを選ぶ

ローファーを履く時にはこのような靴下を履いて素足で履いてるように見せる。
f:id:Hiropapa:20200803001620j:imagef:id:Hiropapa:20200809181016j:image

脱げにくいように滑り止めが付いています。

 

使っているのはこちらのグンゼの商品。

実際に履くとこんな感じ。

f:id:Hiropapa:20200809194629j:image
これでローファーを履くと。

 

このように素足で履いてるように見えます。
f:id:Hiropapa:20200809194646j:image
結構な浅履きタイプなので、全く靴下を履いてるようには見えません。

 

 

まとめ

今まで私はスニーカーやブーツなどが好みで、ローファーは敬遠してきましたが、実際に購入して使ってみると脱ぎ履きしやすく、キレイ目な格好でも、カジュアルでも合わせやすくほんとに便利ですね。

 

購入の決め手はやはり、スニーカーとローファーのいいとこ取りというところでした。

ローファー初心者だったので、いきなりコテコテのローファーを購入するよりはソールがスニーカーのようになってるこちらの方がしっくりきました。

 

ローファー初心者の人にはスニーカーとローファーのいいとこ取り、コール・ハーンのオリジナルグランドベネチアンはおすすめです(^^)

スイス発のブランド!バリー(BALLY) メンズショルダーバッグ レビュー

f:id:Hiropapa:20200802144033j:image
スイス発のブランドであるバリー(BALLY)。

革製品といえばイタリア、フランス、イギリスのイメージが強いですが、スイスのブランドであるバリー(BALLY)もとても良いブランドなんです。

 

今回はそんなスイス発のブランドである、バリー(BALLY)のメンズショルダーバッグのレビューをしていきたいと思います!

 

 

 

 

バリー(BALLY)ってどんなブランド?

f:id:Hiropapa:20200802144112j:image
バリー(BALLY)は1851年にスイスのシェーネンヴェルトでカール・フランツ・バリーフリッツ・バリーによって創業された、靴とバッグなどを製造する企業である。

 

弾性リボンの製造から始まり、パリに出張した時に見たパリジェンヌの靴に魅力を感じ、靴の製造を開始する。そして村の中心に最初の工場を建設。

フリッツ・バリーは創業から3年後に引退。

 

その後、バリー(BALLY)はフットウェア界の中心となる。

1892年、創業者が会社を息子に受け継ぎ、そこから国際的に成長していく。

1977年、創業家一族は会社から離れ、1988年になると日本でバリー(BALLY) ジャパンが設立される。

 

2001年、新しいCEOにマルコ・フランキーニが就任すると、バッグなどを含めたトータルファッションブランドとなっていく。

 

2008~2015年の間には、クリエイティブディレクターやデザインディレクターにブライアンアトウッドセリーヌトムフォードでキャリアがある、パブロ・コッポラを器用し、ブランドとしての価値をさらに高める。

 

そして、2016年に世界最大の旗艦店を東急プラザ銀座にオープンした。

 

バリー(BALLY)メンズショルダーバッグ レビュー

それではショルダーバッグのレビューをしていきます!

 
 
私が購入したのはこちらのシンプルなモデル。

バリー メンズショルダーバッグ

アウトレットで去年購入しました。
価格は4万円くらいだったと思います。
 
 
さりげなくバリーのロゴが。

バリーのロゴ

革の質感はとても柔らかくて良いです。
 
 
ベルト調整金具の質感も高い。

ベルト1

ベルト2

長さはもちろん調整可能です。
 
 
ジッパー部分の金具にもバリーのロゴが。

ジッパーの金具

高級感あります。
 

 

 
少し変わってるなと思ったのが、ベルト部分の金具。

ショルダーバッグ

ベルトの金具1

ベルトの金具2

左右非対称に金具が付いてるのが面白い。

 
裏面はカード入れ?のようなものが。

ショルダーバッグ

ショルダーバッグ ポケット

名刺とか入れるのかな?
使うことはなさそう。
 
 
中はこんな感じ。

バッグの中

バッグの中2

財布、携帯、車の鍵や家の鍵など、だいたいの物は入ります。
 
 
一般的な長財布と比べるとこんな感じ。

バックと財布

バッグと財布2

余裕で入ります。
 
 
横幅は30センチ。

バッグとスケール

バッグとスケール2

長さは約27センチ。
ボディバッグなどと比べると横幅がありますね。
 
 
購入するとこのような袋が付いています。

バッグの袋

バッグの袋2

使い終わったら手入れをして袋に入れておけば、長く愛用できます(^^)
 
 

 

まとめ

今回はバリー(BALLY)のメンズショルダーバッグのレビューとなりました。

 

バリーは私が昔から気になっていたブランドで、私の地域のアウトレットに新たにバリーがオープンしたということで、オープンしてすぐに購入しました(笑)

 

バリーといえば、こちらの赤と白のラインが入ったものが定番。

 

しかし、私はあまりブランドが主張してるものが好きではなく、さりげなく良いもの使ってるという感じが好きなので、今回のシンプルなデザインを購入しました。

 
ボディバッグに比べ、収納力が高いのもショルダーバッグの良いところですね。
 
スイス発のブランド バリー(BALLY)のメンズショルダーバッグは、大人の上品さを求めるあなたにおすすめです!

白シャツのインナー透けには グンゼのシークがおすすめ!

f:id:Hiropapa:20200703194843j:image
白シャツを着たときにインナーの透けが気になる…。

そんな経験ありませんか?

 

今回は、白シャツのインナー透けが気になるならこれを着ておけば間違いなし!

グンゼのシークを紹介していきます!

 

 

 

グンゼのシークって?

グンゼのシークは、グンゼ株式会社から発売されている男性用インナー。

コンセプトは、快適性、着心地、デザイン、すべてのクオリティーを究めた大人のアンダーウェア。

高機能素材を使用することで快適性を確保し、着心地においては触感にこだわる。

 

デザイン面では、シルエットがうつりにくくて可能な限り縫い目を少なくしている。

こだわりの仕様として、生地の端は折り返して縫わない切りっぱなしの状態に仕上げてるのが特徴。

 

 

一番透けにくいカラーはベージュ

こちらがグンゼのシーク。

価格は1枚3,000円程度と高めです。

f:id:Hiropapa:20200701204600j:imagef:id:Hiropapa:20200702103932j:image
カラーはベージュとホワイトを用意しました。

先に言ってしまうと、白シャツのインナーが一番透けにくいカラーはベージュです。

 

ホワイトの方が透けにくいだろうと思いがちですが、肌の色に近いベージュが肌と同化することにより、より透けにくくなっています。

 

切りっぱなし(カットオフ)

細かい部分を見ていきましょう。

首もとは深くカットされており、シャツのインナーに着ても見えないようになっています。
f:id:Hiropapa:20200708073947j:image
全体的に縫い目のない、切りっぱなし(カットオフ)なのでインナーに着ると分かりにくいです。

 

袖も短く作られています。
f:id:Hiropapa:20200702002827j:image

あまりやらないと思いますが、切りっぱなし(カットオフ)は、自分でハサミなどでカットして調整することも可能です。

 

インナーの透け具合比較

こちらはビジネスなどでも使う一般的な白シャツ。
f:id:Hiropapa:20200702121125j:image
このシャツのインナーにはシークのホワイトを合わせてますが、透け具合は首もとのUネック部分が若干透けてるように見えます。

画像では分かりにくいですね。

 

 

続いて一番透けにくいベージュの場合。
f:id:Hiropapa:20200702121605j:image

首もとのUネック部分の透けはホワイトより気になりません。

一般的なインナーに比べると、ホワイトもベージュも透けにくいです。

 

白シャツの場合はベージュもホワイトもどちらでも良さそうですが、肌の色に近いベージュがより透けにくいと思います。

 

白のTシャツの場合

白のTシャツはヘインズのジャパンフィットを使用。

白のTシャツを1枚で着ると生地の厚みにもよりますが、男性の場合、乳首が透けるのが気になると思うので、インナーにシークを合わせると乳首の透け防止にもなります。

f:id:Hiropapa:20200702193806j:imagef:id:Hiropapa:20200702202930j:image
白のTシャツの場合、画像ではホワイトのシークを合わせてますが、白シャツ同様、首もとのUネック部分の透けが分かりやすいです。

 

そしてベージュのシーク。
f:id:Hiropapa:20200702203204j:imagef:id:Hiropapa:20200702203226j:image
白のTシャツだと差が分かりやすいですね。

首もとのUネック部分の透けが全くわかりません!

 

 

ポロシャツの場合

こちらは私が普段着ているフレッドペリーのポロシャツ。
f:id:Hiropapa:20200702230205j:image

フレッドペリーのポロシャツは、生地が厚めなのですが、以前購入したこのタイプのポロシャツは、生地が薄いのでインナーを着ないと、乳首がスケスケでとても着られませんでした(笑)

 

なので私は今までインナーに黒のシャツを着ていたのですが、黒が透けてイマイチだなぁと思っていました。

 

 

そのポロシャツにまずはシークのホワイトから合わせて見ます。

f:id:Hiropapa:20200702231251j:imagef:id:Hiropapa:20200702231303j:image

カラーが薄いピンクなので、ホワイトを合わせると首もとのUネック部分がやはり少し透けます。

 

そしてベージュ。
f:id:Hiropapa:20200702231328j:imagef:id:Hiropapa:20200702231337j:image

ここでもベージュが強いですね。

ほんとに透けてない。

インナーはベージュに決まりです!

 

 

まとめ

白シャツ、白のTシャツ、ポロシャツとインナーの透け具合を比較して見ましたが、いかがだったでしょうか?

 

白シャツを着た時のインナーの透けは意外と気にしていない人が多いと思います。

実際過去の私もそうでした。

特にスーツスタイルで仕事をする人などは、ジャケットを脱いだ時にインナーが透けてたらカッコ悪いですよね。

 

白のTシャツも、いくらカッコよく着こなせていたとしても乳首が透けてたら台無しですし、何より男性の乳首透けは女性からの支持も悪いので注意しましょう(笑)

私は白のTシャツのインナーには必ずシークを着ています。

 

暑そうなイメージがありますが、全くそんなことはないですよ。

 

ポロシャツの場合も同様です。

生地が薄くて、色も薄いインナーには丁度良いでしょう。

 

グンゼのシークはインナーの透けが気になるあなたの強い味方になってくれること間違いなしです!

丈夫な国産Tシャツ グッドオン 商品購入レビュー

夏といえばTシャツが活躍する季節。

お気に入りのTシャツなら、何度も着てしまって伸び縮みが気になるところ。

 

耐久性の高い丈夫なTシャツってないのかな?

今回は10年着られるTシャツが売りの国産ブランド、グッドオンのTシャツを購入しましたので、レビューしていきたいと思います。

 

 

  

丈夫な国産Tシャツ グッドオン

グッドオンは、1997年に日本で設立された国産アパレルブランド。

Tシャツ 、スウェットを中心に商品を展開。

カード糸という、アメリカのコットンベルト地帯で作られる糸を使用して製品を生産。

この糸は一般的に使用される基本的な糸で、多くのジーンズなどに使用されている。

 

生地の製作は、アメリカと日本のニッティングファクトリーに依頼。

質の良い米綿の良さを生かした生地を作っている。

 

さらに、洗濯などにより製品が縮むこともないのが特徴。

縫製も高い強度を持ち、快適な着心地を実現。

10年着られる丈夫なTシャツである。

 

 

グッドオンTシャツ レビュー

それでは、レビューしていきます。

今回は5枚購入させて頂き、カラーも豊富なので、5色を選択。

カラーは全部で16色。

f:id:Hiropapa:20200624221028j:image

カラーは右から、ホワイト、ピグメントブラック、ピグメントネイビー、ピグメントグレー、ピグメントセージとなります。

ホワイト以外のカラーの名称については、後ほど説明します。

 

 

私は楽天から、ロココストアさんで購入。 

 非常に丁寧な対応をして頂きました。

 購入者宛で手紙が入っていたのも良かったです。

https://www.rakuten.co.jp/rococostore/

 


それでは見ていきましょう。

まずは夏に欠かせないカラーであるホワイトから。

パッと見はごく普通のTシャツですが、生地は分厚く丈夫な印象。

f:id:Hiropapa:20200624221055j:plainf:id:Hiropapa:20200624221147j:plain

生地の厚みは5.5オンス。

 

 

タグはこんな感じ。

f:id:Hiropapa:20200624221215j:plain

私はタイトにTシャツを着たいため、Sサイズを購入。

アメリカ産でコットン100%です。

f:id:Hiropapa:20200624221228j:plain

素材感はツルツルした感じではなく、良い意味でゴワゴワした感じ。

 

ピグメントダイ(顔料染め)

続いて、ピグメントブラックとピグメントグレー

f:id:Hiropapa:20200624230104j:imagef:id:Hiropapa:20200624230857j:image

グッドオンのカラーの名称ピグメントというのは、特殊な溶剤を使って処理した生地に、プリントに使われる顔料を使って染める技術をピグメントダイと言うため、その加工をしているTシャツにはピグメントという名称が使われます。

 

16色のカラー展開の中で、ホワイトとメタルの2色だけはピグメントダイではないので、その名称は使われません。

 

ピグメントブラックについては、普通の黒色と思って購入すると、ピグメントダイの加工がされているため、真っ黒のTシャツが好みな場合はよく検討することです。

 

実際は濃いグレーに近い色味です。

 

 

さらに続いて、ピグメントネイビーとピグメントセージ。

f:id:Hiropapa:20200624231431j:imagef:id:Hiropapa:20200624233531j:image

ピグメントネイビーは、普通のネイビーと比べると少し青みが強いです。

ピグメントセージに関しては、一般的にいうとカーキの色味をしています。

 

ピグメントダイは独特の風合いなので、高級感と大人っぽさを演出するには良いですね。

 

 

 

まとめ

レビューは以上になりますが、長く使える丈夫なTシャツを探していた私にとっては、非常に良い商品となりました。

着心地も良く、何度洗ってもへたれないのでガシガシ使えます。

 

ただ、クルーネックの場合、一般的な物よりも首の部分が詰まってる感じがするので、最初に着た時は違和感を感じますが、慣れれば気になりません(^^)

 

10年着られるかどうかは、これから試して行きますが、自分の体型が変化しない限りは着れるでしょう(笑) 

 

丈夫な国産Tシャツ、グッドオン。

この夏に手に入れて見ては? 

ビルケンシュトック アリゾナ レビュー 他モデルと比較 EVAの存在

サンダルと言えばビルケンシュトック。

そのビルケンシュトックのサンダルの中でも、ド定番であるビルケンシュトック アリゾナを購入しましたので、レビューしていきます。

 

 

 

 

ビルケンシュトック アリゾナ レビュー

ビルケンシュトック アリゾナは、ビルケンシュトックのサンダルの中でも一番の売れ筋モデル。

 

ビルケンシュトックについての詳しい情報は、こちらの記事とあわせてどうぞ。

www.lifestylechannel.jp

 

それでは見ていきましょう。

今回は実際1足持っていることもあり、自分の足のサイズも分かっているため、ネットで購入しました。

 

箱はこんな感じ。

f:id:Hiropapa:20200614214423j:imagef:id:Hiropapa:20200614214606j:image
箱のサイドには他のモデルのラインナップが載っています。

 

価格は税込10,450円。

f:id:Hiropapa:20200614214805j:image

ですが、ネット購入なので実際は税込7,990円でした。

 

 

私はヒマラヤ楽天市場店で購入しました。


 丁寧な対応ですぐに届きましたよ(^^)

 

こちらが本体になります。

f:id:Hiropapa:20200614220324j:image

カラーはブラックを選びました。

 

裏面はこんな感じ。
f:id:Hiropapa:20200614220620j:image

よーく見るとアルファベットでビルケンの文字が。

 

サイドから。

f:id:Hiropapa:20200614220803j:image

ベルトが2本あるので、ホールド性は高いです。

 

 

ベルト調整と正しい履き方

ベルト調整は指先側が4段階できます。
f:id:Hiropapa:20200614220917j:image

足の甲のベルト調整は5段階。

きっちり歩くには、歩く時にずれないようにしっかり締めることが大切です。

 

 

履いてみるとこんな感じ。
f:id:Hiropapa:20200614221549j:image

正しい履き方は、指先に少し隙間ができるくらいが良い。

ピッタリに履いていると、歩く時に指先がカップに引っかかりやすく、さらに踏むようになってしまうので、カップの劣化を早めてしまいます。

 

少し大きめを購入するのが良いですが、1足目を購入するなら実際に履いて自分のサイズを把握してから購入するのをおすすめします。

 

アリゾナとラムゼスとの比較

今回購入したアリゾナと、私が10年近く前に購入したトングタイプのラムゼスというモデルと比較。
f:id:Hiropapa:20200614221438j:image

ラムゼスは長年使用していたので、インソールの部分に足指の形が付いて見た目が悪いですが、ビルケンシュトックのインソール

(ビルケンシュトックではフッドベッドという)はコルクタイプなので、使用しているとこうなるのが宿命です。

 

今回からは、黒ずんできたらこまめに掃除しようと思います。

 

履き比べた感じは、トングタイプのラムゼスの方が長年使用していただけあって好みではあります。

履き心地はあまり変わりません。

 

そして、サイズは同じなのですが、トングタイプのラムゼスは親指と人差し指で挟む感じになるので、若干アリゾナと比べると小さく感じます。

f:id:Hiropapa:20200614224859j:image

アリゾナは親指と人差し指に引っかかりが無く、足が少し前に入っていく感じになるので、トングタイプに比べると逆に少し大きく感じます。

私は何度も履き比べて検証したので間違いないです。

 

トングタイプから履き替える場合はその事も考慮しておくと良いですよ。

 

価格が安いEVAタイプも

私は今回購入は見送りましたが、軽量かつ耐水素材のEVAを使用したモデルもあります。

 

水で簡単に洗えて、通常モデルよりも軽量で価格も安い。

カラーバリエーションも豊富。

黒を選べば通常モデルでよくあるインソールの黒ずみも気にならない。

私は今後購入検討しています。

 

EVAタイプはこちら↓


 
 

 

 

まとめ 

今回10年近くぶりに新たにビルケンシュトックのサンダルを購入しましたが、やはりサイズ感、履き心地、歩きやすさは抜群です。

 

一番売れ筋のアリゾナがどんなものか気になっていましたが、売れ筋モデルだけあって、デザインと履き心地の両立がしっかりできていると思います。

 

また、EVA素材のモデルも用意されており、死角なしという感じですね。

お洒落に使えて、実用性と価格のバランスも素晴らしい。

さらに上にはプレミアムモデルの存在もあり。

 

万能サンダル、ビルケンシュトックのアリゾナは購入する価値ありです(^^)

オメガシーマスター300 マスターコーアクシャル詳細レビュー!

今回は、オメガシーマスター300 マスターコーアクシャルを買い換えで購入することに成功しましたので、どんな腕時計なのか解説しながら詳細レビューをしていきます!

 

 

 

オメガシーマスター300 マスターコーアクシャル詳細レビュー 

いや~久しぶりに腕時計のレビューですよ。

過去に2本紹介していますので、それ以来になります。

 

それではさっそく見ていきましょう!

まずは白い箱を開けます。

f:id:Hiropapa:20200612222355j:image

箱を開けると…。

 

 

豪華な木箱がさらに出てきます。
f:id:Hiropapa:20200612222511j:image

 

付属品はこんな感じ。
f:id:Hiropapa:20200612222626j:image
ひと昔の前のオメガは赤い箱で、経年劣化すると箱の赤い部分がポロポロと剥がれてきて見た目が悪かったんですよね。

デザインをこの木箱に変更してからは、それも無くなりましたし、かなり高級感が増したと思います。

 

 

それでは、続いて木箱を開けて見ましょう。

f:id:Hiropapa:20200612223224j:image

 

ここを押しながら開けます。
f:id:Hiropapa:20200612223248j:image

 

どど~ん!

f:id:Hiropapa:20200612223340j:image

カッコいいですね~。

こちらの腕時計の名前は、

[オメガシーマスター300 マスターコーアクシャル]

 

シーマスターといえばラインナップが非常に多い腕時計なのですが、

オメガシーマスター300 マスターコーアクシャルは、1957年に発表されたシーマスター300の復刻版。

フェイス部分のヴィンテージ感と、現代の技術を融合させたハイブリッドモデルとなります。

 

ベセルにはセラミックを採用

取り出して見ましょう。

シンプルな3針の腕時計です。

ケースサイズは41ミリで、防水性能は300mとなります。

f:id:Hiropapa:20200612223427j:image

黒い淵のベゼル部分は、傷がつきにくいセラミックを採用しています。

ベゼル部分は傷がつきやすいので、傷がつきにくいのは良いところですね。

 


f:id:Hiropapa:20200612223458j:image

また、ダイバーズウォッチには欠かせない逆回転防止ベゼルとなっており、潜水時の安全確保のため、時計回りだと潜水時間が短く表示されてしまうので、反時計回りにしか回らないようになっています。

(両方向回る腕時計もあります)

 

 

最近の腕時計は、ベゼルにセラミックを採用している腕時計が増えました。

 

文字盤はサンドブラスト仕上げ

文字盤はヴィンテージ感を演出するために、サンドブラスト仕上げになっています。

f:id:Hiropapa:20200612223548j:image

サンドブラスト仕上げとは艶消しの手法のことで、マットな質感が特徴。

光の反射を抑えて文字盤を見やすくします。

 

夜光塗料にはスーパールミノバ

インデックスには、スーパールミノバの夜光塗料が使用されていて、暗闇での視認性もとても良いです。

 

自社製ムーブメント オメガ キャリバー8400

裏面を見て見ましょう。

f:id:Hiropapa:20200612223619j:image
裏面はこのようにシースルーバックになっており、

オメガの自社製ムーブメント、オメガ キャリバー8400がよく見えます。

 

このムーブメントの特徴は精度の良さと、高耐磁性。

その耐磁性の高さはなんと脅威の15,000ガウス!

腕時計は磁気の影響を受けやすいので、磁気を帯びてしまうと磁気抜きをしなければ、腕時計の精度が悪くなり、壊れやすくなります。

 

耐磁性がない普通の腕時計は、テレビ、パソコン、スマホなどの近くに腕時計をなるべく置かないようにするのが腕時計には良いです。

しかし、オメガのこのムーブメントは高耐磁性なので、スマホなどの近くに腕時計を置いていても全く問題ありません。

 

代表的な対磁性が高い腕時計は、ロレックスのミルガウスで、1,000ガウスまで耐えられますが、それでもオメガには及びません。

 

これの何が凄いのかというと、病院のMRIが15,000ガウスなのでMRIの中に腕時計を入れても壊れないということです。

オメガはこの自社製ムーブメントを開発してから、近年さらに勢いを増していますね。

 

私も過去にオメガの腕時計は2本所有していましたが、今回は念願の自社製ムーブメント搭載機なので、満足度はかなり高いです。

 

ブレスレットは鏡面仕上げで微調整可能

続いてブレスレットを見ていきましょう。
f:id:Hiropapa:20200612223706j:imagef:id:Hiropapa:20200612223730j:image

ブレスレットはこのように鏡面仕上げになっていて、高級感があります。

 

鏡面仕上げは、傷が付きやすいので嫌いな人もいるみたいですが、私はこのブレスレットの仕様がオメガのブレスレットでは一番好みなので、とてもグッドです。

 

ブレスレットのサイズ調整はコマを調整する方法と、下の画像にあるプッシュと書いてある部分を押しながらスライドさせることで微調整も可能で、自分の手首に合うフィット感を見つけやすいです。

f:id:Hiropapa:20200612223812j:image
気軽に調整可能なのが嬉しいですね。

 

着用画像

着けてみるとこんな感じ。
f:id:Hiropapa:20200612224259j:imagef:id:Hiropapa:20200612224330j:image

シンプルかつ、高級感もあって良いですね。
f:id:Hiropapa:20200612224357j:imagef:id:Hiropapa:20200612224423j:image

スペックと価格

最後にスペックと価格です。

 

[オメガシーマスター300 マスターコーアクシャル]

Ref:233:30:41:21:01:001

 

[ムーブメント]

自社製ムーブメント オメガ キャリバー8400

自動巻き

 

[ケース]

ステンレススティール製、

ドーム型サファイアクリスタル風防

内面無反射コーティング

ケースサイズ41㎜

 

[防水性能]

300m防水

 

[価格]

国内定価:748,000円

並行品 新品価格:2020年6月現在460,000円~

中古価格:最安値360,000円~

 

 

まとめ

今回この腕時計は、中古品での購入となりました。

私がお世話になっている地元の腕時計屋さんの他店舗に在庫があり、そこから取り寄せてもらい購入した腕時計です。

 

私が以前所有していたウブロの腕時計を下取りに出し、持ち出し金無しで買い換えという形で交換してもらえました。

 

過去に沢山の腕時計を、買っては売っての繰り返しをしてきた私ですが、オメガシーマスター300 マスターコーアクシャルは非常に満足度が高いと思います。

20代の頃に最初に手にした腕時計もオメガのシーマスターだったので、私には一番オメガがしっくりきますね(^^)

 

これは私の考えですが、腕時計は中古品でも状態が良い物なら断然中古をおすすめします。

 

さらに付け加えると、信頼のおける中古専門の腕時計屋さんを見つけておくとさらに良いです。

中古品の場合、実際に自分の目でしっかり見て購入するのもポイントですね。

年式やオーバーホール履歴なども確認しておきましょう。

 

新品も購入したことがありますが、日常使いしていればすぐに傷は付きますし、ロレックス以外は売却のことを考えるとあまりおすすめしません。

 

ですが、人それぞれなので中古品は嫌だという人は新品の方が良いでしょう。

 

オメガシーマスター300 マスターコーアクシャルは、写真や動画で見るよりも実物の方が断然カッコいいので、是非店頭などで手に取って見ることをおすすめします。

もし、状態の良い中古や並行新品があれば狙い目です。

 

高級腕時計をお得に購入して、楽しい腕時計ライフを送りましょう(^^)

 

 スポンサーリンク↓

 

その他の腕時計のレビューはこちら↓
www.lifestylechannel.jp

 

www.lifestylechannel.jp

ユニクロのベルトはおすすめなのか検証した結果はホントにおすすめだった!!

今回はユニクロのベルトがとにかくおすすめなので、ご紹介するのと同時にホントにおすすめなのか検証して見ました!!

 

それではさっそくいきましょう!

 

 

 

 

ユニクロのベルトはホントにおすすめ

ユニクロのベルトの中でもとくにおすすめなのが、このレザーメッシュベルト!

f:id:Hiropapa:20200212224143j:image

ユニクロのベルトなんて安いんだから作りもショボいだろ!と私は今まで思っていましたし、ファッション好きの方で特に高級品しか興味ない人からしたらどうでもいいかもしれません。

 

しかし、このユニクロのレザーメッシュベルトはホントにビックリしました!

 

この質感で2,990円とは…。

 

なぜ私がユニクロのベルトに興味を持ったかと言うと、40代も近くなってきたし、そろそろ大人カッコいいオヤジ兼、パパを目指そうと40代ファッションを勉強し始めたのがきっかけ。

 

YouTubeやブログなどでFORZA STYLE編集長の干場義雅さんや、メンズファッションバイヤーのMBさんの影響をうけて日々勉強させてもらっています。

 

そのMBさんがユニクロの商品をよく紹介していて、その中でユニクロのレザーメッシュベルトがおすすめと言われていたので、実際に購入して見ました!

 

 

ベルトのレビュー

手に取って見ると質感の高さが分かります。f:id:Hiropapa:20200212224247j:imagef:id:Hiropapa:20200212224649j:image
バックルも少しアンティーク調で良いです。

 

こちらのタイプは編み目がワイドのタイプ

価格は2,990円ですが、しっかり牛革が使われています。

f:id:Hiropapa:20200212224912j:image

通常のタイプは編み目がもっと細くなるので、好きな方を選ぶと良いです。

 

下まで丁寧に編み込まれてます。
f:id:Hiropapa:20200212225722j:image

近くで見ても安っぽさはありません。
f:id:Hiropapa:20200212225828j:image

 

ユニクロのベルトはイタリアンレザーが使われているのですが、メッシュベルトだけは中国製。
f:id:Hiropapa:20200212230326j:image

 

裏面もしっかりしてます。

f:id:Hiropapa:20200212230621j:image

 

革の厚みもペラペラじゃないんです。
f:id:Hiropapa:20200212230706j:image

 


デニムに通すとこんな感じ。
f:id:Hiropapa:20200212230958j:image
相性良いですね。

 

カラー展開とサイズ

カラー展開はブラックの他に、ブラウン、ダークブラウン、ネイビーが展開されています。

サイズはM~XXLまであります。

私が購入したのはMサイズです。

 

MBさんの解説

MBさんの解説で更に詳しく!

 

 

 

まとめ

このベルトを購入後、着用して実際に百貨店の紳士服売り場のベルトコーナーでメッシュベルトだけを見て回りました。

 

まず、ワゴンセールで3,000円均一のベルトが置かれていてメッシュベルトを取って見ましたが、質感は断然ユニクロの勝ちでした。

 

ワゴンセールのメッシュベルトはペラペラで安っぽかったです。

 

その後に10,000円のベルトコーナーでメッシュベルト同士を比べて見ましたが、ここもユニクロの勝ちです。

 

質感としては12,000円~15,000円くらいでもおかしくないと思います。

 

そこに置いてあったメッシュベルトで一番高価なものが25,000円でしたが、それと比べるとさすがに革のテカり部分で差があると感じました。

 

私自身も高価なベルトは数本持っていて、ユニクロのメッシュベルトと並べ比べましたが、ほんとに質感は負けてません。

 

ユニクロさんは昔に比べ、コストパフォーマンスに優れた商品が増えたなといつも思います。

 

今回実際に検証した結果、MBさんの言う通りとても良い商品であることは間違いないです。

 

価格も安いので、数本色違いを購入するのもアリだと思います。

私も今度は通常タイプのブラウンのメッシュベルトを購入しようと思ってます。

 

メンズファッションバイヤーMBさんもおすすめする、ユニクロのレザーメッシュベルト

購入する価値はあります!

 

 実際に高級ベルトとの比較をした記事はこちら↓

www.lifestylechannel.jp

 

スポンサーリンク↓