L.S.C.BLOG

LIFE STYLE CHANNEL

アウディA5 DRLコーディング設定方法

今回はアウディA5のDRLコーディング設定方法を解説していきます。

 

DRLとは

 

 

まず、DRLとはデイタイムランニングランプ、またはデイライトとも言います。

 

最近の新型車などにも増えて来ましたね。

 

車に詳しくない人から見たら、なんで昼間ライト付けて走ってんだ!

と思ってる人も中にはいるでしょう。

 

DRLは昼間でもライトを点灯し、歩行者や自車以外に存在を知らせる効果があり、EUでは2011年から法律で義務化されています。

 

日本では義務化はされてないのですが、2016年10月からDRLが解禁されました。

 

アウディジャパン2017年8月以降の生産分からDRLが全車標準装備に。

 

アウディ車は2011年式以降、DRLが標準装備になっているのですが、解禁されたのが2016年の為、日本に輸入される時にはDRLの設定をOFFにされ発売されていました。

 

なので今回は、その隠された機能を復活させるコーディングと言うCPUを書き換える設定をします。

 

DRⅬ 設定方法

 

設定と言っても簡単。

 

こちらの商品を使います。

 

アルトポルテオートE2PLUG    TYPE01

23,800円 (税込)

f:id:Hiropapa:20190513234931j:image

本体はこんな感じでとても軽い。

f:id:Hiropapa:20190513235328j:image

これをどうするかと言うと、運転席足下にあるOBDポートに挿します。

 

 

その前に車のイグニッションをオンにしてナビの起動を確認。

 

 

画像のピンクの部分がOBDポート。

結構覗き込まないと見えません。
f:id:Hiropapa:20190513235549j:image

 

 

そのポートに先ほどのプラグのこの部分を挿します。

f:id:Hiropapa:20190513235806j:image

 

 

 

すると製品本体の緑色LEDがゆっくり点滅を繰り返し、

f:id:Hiropapa:20190515014401j:image
ゆっくり点滅していたLEDが早い点滅になれば作業終了。

1分もかかりません。

 

機能をOFFにする場合はもう一度挿してLEDが常時点灯になれば元に戻ります。

 

ナビ画面を見てみると。

 

こちらが設定前。
f:id:Hiropapa:20190515014442j:image

 

そして設定後。
f:id:Hiropapa:20190514000759j:image

デイタイムランニングライトの表示が出現するのでオンにします。

 

そして車両のライトを確認。f:id:Hiropapa:20190514003123j:image
少し見えずらいですが、このようにLEDの部分が常時点灯になり、昼間でも歩行者や他車からの視認性が上がります。

 

そして目立つしカッコいい(^_^)v

 

 

まとめ

 

この商品はTVキャンセラーも付いてるタイプなので、DRLだけやTVキャンセラーだけがいい方は違うタイプを購入して下さい。

 

安全の為に今後は日本でも普及したらいいですね(^^)