L.S.C.BLOG

LIFE STYLE CHANNEL

出雲大社 縁結びお守りと幸せの鈴がもたらした体験談

 

 

出雲大社の縁結びお守りと幸せの鈴について、自身の体験談を今回は話します。

 

 

出雲大社へ

 

 

5年程前の話です。

私は当時31歳で、離婚をした直後でした。

 

28歳で最初の結婚をしたのですが、3年で結婚生活は終了。

最初の妻との間に子供はいません。

 

離婚直後は中々立ち直れず、仕事に没頭する毎日。

休日はもっぱら1人ドライブ。

 

時間が立つにつれ、少しずつ元気も出て来たので友達や、会社の人間と飲みに行ったり、その流れから女性を紹介してもらって、女性とデートしたりするようになりました。

 

しかし、離婚してから複数の女性とご飯に行き、夜飲みに出れば、キャバクラ、ラウンジ、スナック、そしてコンパに参加したりと遊びまくりましたが、いい出会いもなく、何かやはり違うなと。

 

そんな日々の中でネットを徘徊していると、出雲大社の記事が。

 

そしてそこに縁結びお守りの紹介があり、

もうこれは神頼みだ!

と思い出雲大社に行く決意をしました。

 

その時は丁度ゴールデンウィーク前で、予定も何も無かったので初日に行く事に。

 

車の為、渋滞を予想して朝の5時半に岡山から出発。

 

しかし、全く渋滞もなくスムーズに2時半程で到着。

 

早く着き過ぎたので周辺を散策して時間潰し。

 

そして時間が来たので出雲大社へ。

 

初めて訪れる出雲大社は圧巻。

澄んだ空気がとても心地良かった。

 

朝早かった事もあり、人は少なく散策しやすい。

結構1人で来てる人も居るなと思いつつ、縁結びお守りの売場へ。

 

売場は少し混んでて、買うのは少し恥ずかしかったがなんとか購入。

 

八重垣神社へ

 

 

購入後時間が有り余ったので、何処か行く所が無いか探して見ると、こちらも縁結びに効果があると言われる八重垣神社へ。

 

到着して中に入るが…。

 

女性ばっかり!

 

男1人はほんとに恥ずかしかった(笑) 

 

ここには鏡の池占いという物があり、有名らしいが流石にここはスルー。

 

境内で手を合わせて車へ戻る。

戻る途中もすれ違うのはほぼ女性だけで、恥ずかしかった記憶しかない(笑)

 

そしてそのまま岡山へ帰る。

 

縁結びお守りの効果?

 

ゴールデンウィークも終わり仕事が再開。

出雲大社で買った縁結びお守りは財布の中に入れて保管。

 

季節は夏から秋に変わる頃、私の勤めている会社にはよく営業で女性の人が来ていたのだが、今までは全く気にもしていなく、話した事もなかった。

 

ある日、会社の後輩がその女性と話していて僕が目の前を通ると後輩が僕を呼び止める。

 

そこでその女性と初めて話す事になるのだが、その女性こそが今の妻である。

 

今まで私は妻に気づきもしなかったのだが、どうやらゴールデンウィーク後に私の会社に配属になったらしい。

 

しかし、当時妻には付き合っている男性が居て、私は他の女性と遊んでる時期だったので、会社で会ったら話す程度。

 

ただその時思ったのは、結婚するならこういう子なんだろうなと。

 

それから色々話している内にお互い恋愛話をするようなり、妻はその男性とほとんど会っていないらしく、別れ話に発展。

 

私は当時、妻が私に気があるのかどうか確かめる為にご飯に誘った。

 

妻はその時、誘われた事が嬉しかったらしく、そこからがきっかけで妻は相手の男性と別れ、私と付き合うように。

 

私がバツイチの事なども何も気にせずに妻は一緒に居てくれた。

 

そして付き合って2年で再婚し、子供にも恵まれ今に至る。

 

まとめ

 

今思えば出雲大社に行き、縁結びお守りを購入し、すぐに妻に出会ってる事に気が付いて、私はご利益があったのかなと思いました。

 

そして結婚後なのですが、妻と2人で出雲大社へお礼参りに行き、その時にこちらを購入。

 

出雲大社幸せの鈴。

f:id:Hiropapa:20190522221231j:image

毎朝鳴らすと幸せが訪れるそうで、今でも毎朝鳴らすのが習慣です(笑)

 

でも今度はこれを買ってすぐに子供に恵まれたので、これも効果があったのかなと。

 

あまり神頼みとか、占いとか信用しないタイプなんですけど、これだけ色々あるとちょっとそうなのかなって思っちゃいますね。

 

それに、妻の実家の住所の地名が私の名字だったり。

妻の実家が私の会社の近くだったり。

 

感覚として何かに動かされてる感じで、偶然と不思議が沢山起きた体験談でした。

 

今度は家族3人でお礼参りに行く予定です。

f:id:Hiropapa:20190523053904j:imagef:id:Hiropapa:20190523054148j:image
f:id:Hiropapa:20190523054214j:image

f:id:Hiropapa:20190523054436j:imagef:id:Hiropapa:20190523055331j:image
f:id:Hiropapa:20190523075632j:image 

画像は妻とお礼参りに行った時の物。

それではまた(^^)