L.S.C.BLOG

LIFE STYLE CHANNEL

履き心地の良いサンダル ビルケンシュトック

サンダルを履く機会が増える夏。

お洒落サンダルの定番、ビルケンシュトックを紹介します。

 

ビルケンシュトックとは

ドイツの靴ブランドとして1774年に設立。

創業200年以上の歴史を誇り、世界の靴ブランドトップ5。

 

足のアーチを考慮した形状のフッドベッド(中敷き)を開発し、抜群の履き心地、機能性、そして高い品質を実現。

 

日本ではサンダルのイメージが強いが、革靴やブーツなどもある。

価格はサンダルの割には高く、5,000円~20,000円程度。

世界90ヵ国、5大陸で販売されている。

2017年には公式オンラインショップがオープンした。

 

代表製品はサンダルのアリゾナ、マドリッド、ミラノ、クロッグタイプのボストンなど、製品に都市名が付いているのが特徴で面白い。

 

医療機関などでも使われており、健康サンダルとしても有名。

 

サンダルのレビュー。

こちらは私がもう10年近く使っているモデルで、ラムゼスというモデル。

f:id:Hiropapa:20190705081355j:imagef:id:Hiropapa:20190706174553j:image


毎年夏に少しだけ履いてるので劣化は少ないです。
f:id:Hiropapa:20190706174641j:imagef:id:Hiropapa:20190706174820j:image

 

フッドベッド(中敷き)の部分は履いてると足の指の形が付くので、こまめに掃除するか、気になるなら新しいのに買い換えましょう。
f:id:Hiropapa:20190706175039j:image

フッドベッドが黒い商品もあるので、そちらにすれば足の指の形は目立たないと思います。

 

サイズは39だと、25~25.5です。

幅も選べてレギュラー幅ナロ幅ーがあり、

39表示の左横部分に足の形のマークがありますが、黒く塗りつぶされてたらナロー幅になります。

f:id:Hiropapa:20190706180344j:image

私のは輪郭で描かれてるので、レギュラー幅になります。

足が細い人や女性はナロー幅を選ぶと良いでしょう。

 

このラムゼスというモデルは革のバンド部分が太い作りになっています。

f:id:Hiropapa:20190706181407j:image

似たモデルに「ギゼ」というモデルがあるのですが、そちらは革バンドの部分が細くなってるので、スッキリとしたデザインが好みの方はそちらを選択しても良いと思います。

 

まとめ

ビルケンシュトックのサンダルはとにかく履き心地が抜群。

フッドベッドを足のベッドと言うだけあります。

デザインもお洒落な物が多いですし、何より疲れにくいので、老若男女履けるとても優れたサンダルです。

 

クロックスと比較される事もありますが、価格帯はビルケンシュトックの方が高いです。

私はクロックスはその辺用、ビルケンシュトックはお洒落履き用で使い分けてます。

 

ビルケンシュトックをまだ知らない方はこの機会に試して見てはいかがでしょう。