L.S.C.BLOG

LIFE STYLE CHANNEL

夏に流行る手足口病に注意!

毎年夏に流行るとされる病気のひとつ、

手足口病

 

私はそんな病気を恥ずかしながら、今まで知りませんでした。

 

何故知ることになったかと言うと、私の娘がこの病気にかかったからです。

 

手足口病とは


f:id:Hiropapa:20190809081039j:image

乳幼児や小児によくみられる病気で、7月にピークを迎える。

症状としては、手のひら、足の裏、口の中に発疹水疱が見られ、発熱から始まることが多い。


ウイルスが原因で、コクサッキーウイルスや、エンテロウイルスによって発症し、潜伏期間は、3~6日と言われている。

感染経路は、鼻やのどからの分泌物や、便で排出されるウイルスが、経口、飛沫、接触などで感染する。

治療法はなく、発熱や頭痛などのそれぞれに対処するくらいで、1週間から10日程度で回復。

 

予防方法は、手洗いを流水と石鹸で行い、タオルなどの共用をしない。

 

治っても長い期間便の中からウイルスが排出されるため、日頃から手洗いをしっかりと行うこと。

 

私の娘が病気になった経緯

1週間くらい前に夕方から深夜にかけて、38度~39度の高熱が出た私の娘。

朝になったら微熱程度に下がっていたので、いつも通りに保育園に通園。

 

しかし、妻から連絡があり、熱が38度を越えたらしく、すぐに迎えに行って病院に連れて行ったところ、

手足口病と診断。

 

数週間前に保育園でも流行ってるという連絡があったり、テレビのニュースで手足口病の報道を聞いてたりしたので、自分の娘が病気にかかるとは思いもしませんでした。

 

 

妻にも感染

娘が手足口病の診断を受けてから、数日間保育園はお休み。

他の子供たちに感染してはいけませんからね。

 

大人に感染すると、重症化しやすいと言われている手足口病なのですが、妻が感染してしまいました。

 

幸い高熱などは出なかったのですが、手や足に下の画像のように水疱が出来ていました。

f:id:Hiropapa:20190806123604j:image

歩くと少し痛いようですが症状も軽く、治っていってるみたいなのでひと安心。

症状が酷い人は歩けないくらい痛いらしいです。

 

娘も最初に高熱が出て、その後に発疹が膝や手を中心に出ましたが、今はこのように薄くなって来たので、こちらもひと安心。
f:id:Hiropapa:20190808073413j:image

今は二人とも元気になりました。

 

 

まとめ

今回手足口病という病気を初めて知りましたが、病気にかかって免疫が出来ても、何度もかかる可能性が高いので今後も注意が必要ですね。

 

子供を持つ親としては、子供の病気のことをもっと知っておかなければなりません。

その辺りがまだまだ勉強不足でした。

 

病気の症状ですが、普段の熱が出た時と区別がつかないので、発疹などが出てないか、また、保育園などから流行ってる連絡がないかなどを考慮して、早めに病院に連れて行きましょう。

 

そして手足口病は、ウイルスがおなかの中から便に排出されるので、子供さんがかかった場合、特に小さいお子さんのオムツ交換後には手洗いを充分にして感染を防いで下さい。