LIFE STYLE CHANNEL

日常生活をより豊かにするブログ:ライフスタイルチャンネル

スイス発のブランド!バリー(BALLY) メンズショルダーバッグ レビュー

f:id:Hiropapa:20200802144033j:image
スイス発のブランドであるバリー(BALLY)。

革製品といえばイタリア、フランス、イギリスのイメージが強いですが、スイスのブランドであるバリー(BALLY)もとても良いブランドなんです。

 

今回はそんなスイス発のブランドである、バリー(BALLY)のメンズショルダーバッグのレビューをしていきたいと思います!

 

 

 

 

バリー(BALLY)ってどんなブランド?

f:id:Hiropapa:20200802144112j:image
バリー(BALLY)は1851年にスイスのシェーネンヴェルトでカール・フランツ・バリーフリッツ・バリーによって創業された、靴とバッグなどを製造する企業である。

 

弾性リボンの製造から始まり、パリに出張した時に見たパリジェンヌの靴に魅力を感じ、靴の製造を開始する。そして村の中心に最初の工場を建設。

フリッツ・バリーは創業から3年後に引退。

 

その後、バリー(BALLY)はフットウェア界の中心となる。

1892年、創業者が会社を息子に受け継ぎ、そこから国際的に成長していく。

1977年、創業家一族は会社から離れ、1988年になると日本でバリー(BALLY) ジャパンが設立される。

 

2001年、新しいCEOにマルコ・フランキーニが就任すると、バッグなどを含めたトータルファッションブランドとなっていく。

 

2008~2015年の間には、クリエイティブディレクターやデザインディレクターにブライアンアトウッドセリーヌトムフォードでキャリアがある、パブロ・コッポラを器用し、ブランドとしての価値をさらに高める。

 

そして、2016年に世界最大の旗艦店を東急プラザ銀座にオープンした。

 

バリー(BALLY)メンズショルダーバッグ レビュー

それではショルダーバッグのレビューをしていきます!

 
 
私が購入したのはこちらのシンプルなモデル。

バリー メンズショルダーバッグ

アウトレットで去年購入しました。
価格は4万円くらいだったと思います。
 
 
さりげなくバリーのロゴが。

バリーのロゴ

革の質感はとても柔らかくて良いです。
 
 
ベルト調整金具の質感も高い。

ベルト1

ベルト2

長さはもちろん調整可能です。
 
 
ジッパー部分の金具にもバリーのロゴが。

ジッパーの金具

高級感あります。
 

 

 
少し変わってるなと思ったのが、ベルト部分の金具。

ショルダーバッグ

ベルトの金具1

ベルトの金具2

左右非対称に金具が付いてるのが面白い。

 
裏面はカード入れ?のようなものが。

ショルダーバッグ

ショルダーバッグ ポケット

名刺とか入れるのかな?
使うことはなさそう。
 
 
中はこんな感じ。

バッグの中

バッグの中2

財布、携帯、車の鍵や家の鍵など、だいたいの物は入ります。
 
 
一般的な長財布と比べるとこんな感じ。

バックと財布

バッグと財布2

余裕で入ります。
 
 
横幅は30センチ。

バッグとスケール

バッグとスケール2

長さは約27センチ。
ボディバッグなどと比べると横幅がありますね。
 
 
購入するとこのような袋が付いています。

バッグの袋

バッグの袋2

使い終わったら手入れをして袋に入れておけば、長く愛用できます(^^)
 
 

まとめ

今回はバリー(BALLY)のメンズショルダーバッグのレビューとなりました。

 

バリーは私が昔から気になっていたブランドで、私の地域のアウトレットに新たにバリーがオープンしたということで、オープンしてすぐに購入しました(笑)

 

バリーといえば、こちらの赤と白のラインが入ったものが定番。

しかし、私はあまりブランドが主張してるものが好きではなく、さりげなく良いもの使ってるという感じが好きなので、今回のシンプルなデザインを購入しました。

 
ボディバッグに比べ、収納力が高いのもショルダーバッグの良いところですね。