LIFE STYLE CHANNEL

良いモノを忖度なしにレビューするブログ・ライフスタイルチャンネル

リゾルト(RESOLUTE)710のレビューとサイズ感を解説!質の良い国産ジーンズは1本持っていて損はなし!

ジーンズといえばリーバイス(Levi's)が定番で、1本は持ってる人も多いのではないでしょうか?

 

でも、皆穿いてるし、何本も穿いてきて飽きたなぁ。

何かもっと質の良い違うジーンズはないかなぁ…。

 

今回はそんな人におすすめの国産ジーンズ、リゾルト(RESOLUTE)710のレビューとサイズ感を解説していきます!

 

 

 

リゾルト(RESOLUTE)ってどんなブランド?

f:id:Hiropapa:20211130122848j:image

リゾルト(RESOLUTE)は日本のレプリカジーンズブームを引っ張ってきたドゥニーム(DENIME)を創業し、自身もデザイナーとして携わってきた、林 芳亨(はやし よしゆき)により2010年に設立された国産デニムブランド。

 

ジーンズを作り続けて30年以上の林氏は、Levi'sの501に憧れを持っていた。

ドゥニームのデザイナーとして成功したのものの、自身の履きたいジーンズは1970年代のLevi's501の66モデル。

その当時と同じようなジーンズが作りたいという想いからリゾルトのスタートを切る。

 

裾を切らなくても穿けるように、ウェストとレングスの種類が豊富にあり、何年経過しても変わらないスタンダードなジーンズが林氏の理想であった。

 

ヴィンテージジーンズがブームの全盛期では、ヴィンテージをそのまま穿くことが格好良いとされていたが、現代ファッションに必要なのはシルエットだと林氏は考える。

 

Levi'sを穿いているアメリカ人は格好良く見えるが、日本人がLevi'sを穿いても同じようには見えない。

日本人が穿いても格好よく見えるには、日本人の体型に合うジーンズを作るしかない。

その想いから林氏は、幾度となくパターンを起こしてを繰り返し、ついに日本人に合ったシルエットを完成させることに成功した。

 

リゾルトの代表モデルである、710は豊富なサイズを展開。

そのサイズは87サイズにも及び、これほどまでのサイズを展開しているジーンズは世界でリゾルトだけと言っていいだだろう。

 

こだわり抜いて作られた生地は、旧式の染色方法と折り機を使い、独特の毛羽立ちとザラつき感を持つ。

縫製にも妥協せず、穿き込んでいくことで絶妙な色落ちと風合いを生み出し、経年変化を存分に楽しめる1本となっている。

 

リゾルト(RESOLUTE)710レビュー

それではレビューしていきまょう!

 

こちらがリゾルト(RESOLUTE)710。

f:id:Hiropapa:20211130090212j:image

シルエットは細身のストレートで、価格は税込24,200円。

リジットタイプ(洗いがかかってない)ワンウォッシュ(一度洗ってあるもの)タイプがあり、私が購入したのはリジットタイプでサイズは30インチ。

 

 

裏面はこんな感じ。

f:id:Hiropapa:20211130090530j:image

リジットで購入後、一度洗濯機で洗った状態です。

生地は中国地方備後地区のオリジナル13.6オンスのデニム生地を使用。

 

自分でワンウォッシュした状態のパッチ。
f:id:Hiropapa:20211130090950j:image

ワンウォッシュの風合が出てますね。

 

前面ポケットはミニポケットが付いてるタイプ。
f:id:Hiropapa:20211130091355j:imagef:id:Hiropapa:20211130091403j:image
バックポケットは普通です。

 

トップはボタンフライ仕様。

f:id:Hiropapa:20211130091850j:image

ボタン数は、W26~29は4つ。

W30~は5つになっています。

 

ボタンはよく見るとRESOLUTE JPNの表記があります。
f:id:Hiropapa:20211130092743j:image

ボタン一つにもこだわりが見れます。

 

裏地は赤いRのマークがワンポイント。
f:id:Hiropapa:20211130092948j:image

縫製はオレンジと黄色の糸が使い分けられ、しっかりとしています。

 

 

リゾルト710の特徴として見てほしいのはこの部分。
f:id:Hiropapa:20211130093347j:image

前面は右足が入る方がステッチが前に出ています。

 

裏面は左足が入る部分のステッチが内側に。
f:id:Hiropapa:20211130093718j:image

 

右足を入れる裏面はステッチは見えません。

f:id:Hiropapa:20211130093739j:image
普通のジーンズは両足ともこんな風に見えるはずです。

購入後、何度ジーンズを畳んでもステッチが見えて変だったのでこれは不良品なのかと思いました(笑)

 

しかし、調べて見るとジーンズの「ねじれ」ということが分かりました。

ヴィンテージジーンズの再現をするために、ねじれ加工をしていないので、このような仕様になっています。

 

なので、ロールアップするとセルビッチが左右非対称に見えます。

こちらはワンロールした状態。
f:id:Hiropapa:20211130101006j:image
写真で見ると左足を入れる方がセルビッチが真ん中寄りに来ています。

 

2ロールした状態はこんな感じ。

f:id:Hiropapa:20211130101328j:image

基本は2ロールで穿いています。

 

こちらはワンロールした状態の裏地ステッチ。

f:id:Hiropapa:20211130101500j:image

リゾルトは通常この部分がチェーンステッチになっているのですが、購入時に少し裾上げしてもらったので、シングルステッチになってしまいました。

 

ステッチにもこだわりたい人は、チェーンステッチで裾上げをお願いしましょう。

誰も見ないところですが、私はそこが気になったので、必ず2ロールして穿いています。

(そうすると見えないので(笑))

 

ステッチの違いとしては、シングルステッチの方が頑丈。

チェーンステッチはシングルステッチに比べほどけやすいが、裾の色落ちがキレイに出るので、こだわりが強い人はこちらがおすすめ。

価格はシングルステッチの方が安いです。

 

セルビッチはリーバイスのような赤耳ではなく、リゾルトはオレンジで仕上げられています。
f:id:Hiropapa:20211130103210j:image

 

リゾルト710のサイズ感

f:id:Hiropapa:20211130122941j:image

続いてリゾルト710のサイズ感。

 

リゾルト710のサイズ感は、かなりタイト!

ワンウォッシュとリジットでは少しサイズ感は変わりますが、基本的にはタイトです。

 

リゾルトのジーンズをキレイに穿きこなすなら、店頭だと店員さんにジャストサイズを勧められますが、実際に穿いた時の自分の好みでよいと思います。

 

私はジャストサイズだと太もも周りがなりキツかったので、ワンサイズ上を購入しました。

それでも最初はウエスト周りはパツパツで、ほんとにこれ大丈夫なのか?と思ったのですが、大丈夫です!

 

何回か穿いてると伸びるので、自分にピッタリのサイズになります。

今は全く気にならなくなりました。

しっかりと穿いて馴染ませることが大事ですね。

 

リゾルト710のウエストサイズは、私が購入した30インチだと、リジットの状態約で79センチ。

ワンウォッシュで約74センチ。

ただ、これはあくまで参考程度の数値。

 

実際私のウエストは、変動しますが78~80センチくらい。

リジットで購入、自分で洗濯機でワンウォッシュの状態でジーンズのウエストを実際に測ると77センチでした。

それでもキツくはありません。

(少し痩せないといけないですが(笑))

 

ネットでサイズを見て購入もアリですが、サイズ選びに失敗しないためには、実際に穿いてみるのがやはりおすすめです。

 

サイズ展開に関しては、26インチ~40インチまでとなっています。

 

まとめ

ということで今回は、おすすめの国産ジーンズ、リゾルト(RESOLUTE)710のレビューとサイズ感の解説でした。

 

リゾルトは自分でジーンズを育てたい人には、間違いなくおすすめ。

リジットから育てるとより愛着が湧きます。

 

リゾルトには今回紹介した、定番の710だけでなく、711、712、713と全部で4品番があり、それぞれシルエットや生地が違ったりするので、自分の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

 

リーバイス(Levi's)に飽きちゃったなぁという人は、1本持っていても損はないですよ(^^)

ジーンズによく似合うベルトはこちらの記事で↓

www.lifestylechannel.jp

 

www.lifestylechannel.jp