LIFE STYLE CHANNEL

良いモノを忖度なしにレビューするブログ・ライフスタイルチャンネル

ウールリッチ アークティックパーカーのサイズ感は?本格派ダウンをレビュー

冬本番になると欠かせないアウターであるダウンジャケット。

 

今回はそんな寒い冬でもとても暖かく、おしゃれでカッコいい本格派ダウン、ウールリッチ アークティックパーカーのサイズ感はどうなのか?

実際に私が購入し、所有しているのでレビューしていきます!

 

 

ウールリッチとはどんなブランド?

f:id:Hiropapa:20210115205110j:image

その前にウールリッチとはどんなブランドなのか解説します。

 

ウールリッチ(WOOL RICH)は1830年にジョン・リッチ氏によって創業されたアメリカのアウトドアブランド。

 

イギリスからの移民であるジョン・リッチはペンシルバニア州プラム・ランに最初の毛織物工場を設立。

設立当初はロバに引かせた馬車でウール製品や、靴下、ベッドカバー、糸などを運び、地元で行商を開始する。

 

1845年、豊富な水資源に注目したジョン・リッチはチャタム・ラン付近に新たな工場を設立。

 

1850年には、ブランドを代表するバッファローチェックシャツが登場。

 

さらに南北戦争を経てウールリッチは続々と製品を生み出していく。

戦後にはハイテク素材が誕生し、ウールリッチはそれを上手く活用。

ウールやコットンとハイテク素材を合わせて生地に使用する。

 

1972年、氷点下で作業しているアラスカのパイプライン建設作業者向けに、アークティックパーカーがデザインされて製造。

アークティックパーカーは現在も愛され続ける、ウールリッチを代表するアイテムの一つである。

 

ウールリッチ アークティックパーカーレビュー

それではいつものようにレビューしていきましょう!

 

こちらが本体。

f:id:Hiropapa:20210116073502j:image

ウールリッチ アークティックパーカーMLというモデルで、カラーはブラック。

日本人の身長、体形に合うように、通常のアークティックパーカーよりも少しだけ着丈が短く、スリムシルエット。

ジャケットやスーツに合わせやすく作られています。

価格は税込107,800円。

裏地はこんな感じ。

V字のキルトになっています。
f:id:Hiropapa:20210116075850j:image

中わたはダウン90%、その他の羽毛10%の割合。

 

裏地の左右にドローコード。

f:id:Hiropapa:20210116081239j:imagef:id:Hiropapa:20210116081314j:image
ここを締めるとより引き締まったシルエットになります。

 

ウールリッチのロゴ。
f:id:Hiropapa:20210116080646j:image

2019年に刷新されました。

サイズはアークティックパーカーで展開されている一番小さいサイズ。

サイズ感については後ほど。

 

 

 

 

首もとのマジックテープで留める部分にさりげなくブランド名が。
f:id:Hiropapa:20210116080939j:image

他の高級ダウンのようにブランドを主張しすぎないのが個人的には好きです。

 

表地のポケットはフラップ付きで大きめ。

ボタンの質感も高いです。
f:id:Hiropapa:20210116081555j:image

 

ジッパーはYKK製です。

実物は通常より少し大きめのジッパー。
f:id:Hiropapa:20210124094146j:image

説明が難しいですが、ウールリッチのジッパーは右から左に掛けるタイプではなく、その逆で左から右に掛けるタイプなので最初は少し戸惑うかもしれません。

 

袖にはボタンが付いていて、寒い時にここを留めて風の侵入を防いでくれます。
f:id:Hiropapa:20210124094800j:imagef:id:Hiropapa:20210124094810j:image
普段は留めることはあまりないでしょうね。

 

 

ここの左右のポケットはハンドウォーマー部分。

f:id:Hiropapa:20210124095033j:imagef:id:Hiropapa:20210124094954j:image

中はこのように起毛されており、ここに手を入れます。
f:id:Hiropapa:20210124095225j:image
これがかなり暖かいんです。

 

ファー部分はカナダ産のコヨーテのファーが使われています。

f:id:Hiropapa:20210125145618j:image

 

ここのジッパーを引けば取り外し可能です。

f:id:Hiropapa:20210125145439j:imagef:id:Hiropapa:20210125145637j:image

 

 

アークティックパーカーのサイズ感

f:id:Hiropapa:20210124121023j:image

気になるアークティックパーカーのサイズ感。

私が購入したのはUSA表記3XS、EU表記XXSと一番

小さいサイズ。

 

ネットでも店舗でもこのサイズはほぼ見かけないサイズで、身長が160~165センチほどの人にはこのサイズか、もうワンサイズ上がベスト。

 

背が低い人はジャケットに着られてる感が出ないように袖丈、着丈の長さには特に注意しましょう。

私はそこに注意して購入し、ジャストサイズでした。

 

身長165~180センチくらいまでの人はSサイズ以上からで、選択肢は沢山あります。

ゆったり着たい人は普段より大きめを購入しても問題ないでしょう。

 

実際の着用感

実際の着用感は、身長の低い私がジャストサイズで着てても少しゆとりがあります。

 

体格と中に何を着るかによっても変わってくると思いますが、スーツの上に着ても窮屈な感じはしないです。

タイトすぎることもなく、ゆったりしすぎというほどでもない。

ほんと丁度良いサイズ感です。

 

着用イメージはこちらの動画で↓


【干場&サトシーノがガチンコ自腹買い!】 ウールリッチで見つけた! 冬を乗り切る極上ダウンとは?【PR】

 

自分がどういう着方をしたいかで、サイズを選ぶのをおすすめします。

中に着込むならワンサイズ上げる、中にあまり着込まないのならジャストサイズを選ぶように自分のスタイルに合った選択をしましょう。

 

 

 まとめ

ということで今回はウールリッチアークティックパーカーのレビューでした。

 

私のように身長が低い人はあまり出回ってませんが、一番小さいサイズがおすすめ。

特にネットで購入する場合はサイズ選びがとても重要です。

 

そしてこのアークティックパーカーですが、とにかく暖かい!

真冬の寒い日には重宝します。

中に着込んでいると、お店の中などでは暑すぎるくらいです。

さすがの保温力という感じ。

 

スーツスタイルにもカジュアルスタイルにも合うので、使い勝手もとても良く、まさに万能アウターと呼んでもいいでしょう。

ウールリッチアークティックパーカーは1着持っていて損はない、本格派ダウンジャケットです!