L.S.C.BLOG

LIFE STYLE CHANNEL

ウォーターサーバープレミアムウォーター 設置、使用レビュー

 

以前から検討していたウォーターサーバーをこの度我が家に設置したので、今回は商品のレビューをしていきたいと思います!

 

ウォーターサーバーは本体をレンタルして契約するのが主流で、我が家はプレミアムウォーターのサーバーを設置する事にしました。

 

プレミアムウォーターとは

プレミアムウォーターは、厳選された採水地の地下水脈から汲み上げた天然水を使用しています。

 

そしてウォーターサーバーでは珍しい「非加熱処理」を行っているのも特徴。

「加熱処理」したお水は生産管理が低コストに抑えられますが、おいしいお水に必要な「溶存酸素」が少なくなってしまいます。

 

その溶存酸素が少なくならない「非加熱処理」を行うことで、天然水本来のおいしさがより際立ちます。

非加熱処理」は生産管理が難しく、コストも掛かるのですが、お水本来のおいしさを追及するプレミアムウォーターはあえて「非加熱処理」を採用しています。

 

プレミアムな5つの採水地と世界が認めるおいしさ

「非加熱処理」に加えて、プレミアムな5つの採水地を厳選。

採水地は「富士吉田」、「北アルプス」、「朝来」、「金城」、「南阿蘇」の5つ。

採水地から汲み上げたお水はていねいにフィルターで除菌されます。

 

その結果として、international Taste Institute(国際味覚審査機構)2019において「優秀味覚賞2つ星」、モンドセレクション2019において「優秀品質金賞」を受賞。

プレミアムウォーターのおいしさは世界に認められています。

 

安心と安全

プレミアムウォーターのボトルはペットボトルを採用。

容器の回収は不要です。

リサイクル可能な使い切りタイプで、新品を毎回使用するためとても衛生的。

 

冷温水コックにはチャイルドロックボタンと付属のチャイルドロックカバーが付いているので、誤操作の防止にもなり、赤ちゃんや、小さなお子さまのいる家庭でも安心して使用できます。

 

加熱クリーンシステムも搭載されていて、タンク内を約2時間、70℃の状態を維持することによって、タンク内を熱殺菌し、清潔に保ちます。

 

赤ちゃんやママに優しい軟水

水はミネラルの含有量によって「軟水」と「硬水」に分かれています。

「硬水」は「軟水」に比べ、ミネラル成分が赤ちゃんの胃や腸、腎臓の負担になるため、避けるのが望ましいとされています。

 

プレミアムウォーターは赤ちゃんやママに優しい

「軟水」。

成分バランスが良いのでとても安心です。

 

 

商品レビュー

それでは実際に我が家に設置、使用しているので商品のレビューをしていきます。

 

 

本体はこんな感じでスタイリッシュ。
f:id:Hiropapa:20191021130626j:image

 

裏面はこのようになっており、緑の束ねてある線はアース線です。

f:id:Hiropapa:20191021130733j:imagef:id:Hiropapa:20191021130747j:image

アースを付けれるコンセントの方は付けておいた方が感電防止になります。

我が家は付けていません。

水で濡れた手などでコンセントに触らなければ大丈夫です。

 

 

ホットとエコモードのスイッチは裏面にあるので、電源コードを挿したらスイッチをオンにしましょう。
f:id:Hiropapa:20191021131320j:image

 

 

付属の台座があるので、ここにサーバーを乗せます。
f:id:Hiropapa:20191021131506j:image

 

 

左右に温水コック冷水コック、真ん中にはエコセンサー。
f:id:Hiropapa:20191021131724j:imagef:id:Hiropapa:20191021131751j:image

 

カバーを開けるとチャイルドロックボタン。f:id:Hiropapa:20191021131923j:imagef:id:Hiropapa:20191021131932j:image

 

 

ここを押しながらコップなどで奥のレバーを押しやれば水が出ます。

f:id:Hiropapa:20191021132028j:image

 

 

温水の場合も同様です。
f:id:Hiropapa:20191021132213j:image

小さいお子さんがいてもロックボタンを押しながらだと出ないので温水でも安心。

温水は約85℃、冷水は約6℃です。

 

 

それでも不安な方はこのダブルロックカバーを使いましょう。
f:id:Hiropapa:20191021132549j:image

 

コックの部分にスライドさせて取り付けるだけです。
f:id:Hiropapa:20191021132711j:image

これだとお子さんが誤って温水でヤケドすることはないでしょう。

我が家はめんどうなので使っていません。

実際、私の娘もたまに触っていますが、付けなくても今のところ大丈夫です。

 

 

コックのすぐ下は水受け皿になっています。
f:id:Hiropapa:20191021133044j:imagef:id:Hiropapa:20191021133201j:imagef:id:Hiropapa:20191021133216j:image

上のフタだけも取れるし、手前に引けば本体ごと取り外せるので掃除も簡単。

 

 

 

ここのケースを開けてボトルをセットします。

f:id:Hiropapa:20191021133430j:image

本体が届いた時はケースは別に梱包されています。

 

 

被せるだけなのですぐ外れます。
f:id:Hiropapa:20191021133624j:image

ここにボトルを差し込みます。

 

 

ボトルはこのように箱に梱包されていて、定期的に送られて来ます。

f:id:Hiropapa:20191021133720j:image

プレミアムウォーターはアプリで簡単に定期配送の周期を変えられるので、要らない時はアプリで設定すれば欲しい時にお水を届けてくれます。

お水代は毎月我が家が12リットルボトル1セット(2本)で3,680円(税抜き)です

 

 

開けるとこのようになっており、シールを剥がしてボトルをセットします。
f:id:Hiropapa:20191021134642j:imagef:id:Hiropapa:20191021134655j:imagef:id:Hiropapa:20191021134707j:image


ボトルの底に持ち手があるのでそこを持って引き上げてセットしましょう。
f:id:Hiropapa:20191021134853j:image

ただ、このボトル結構重いので女性が持ち上げるのはちょっと大変かもしれません。

私の妻は持ち上げるのが大変そうだったので私がやっています。

 

 

使い終わったボトルはギャップと底の持ち手を外して、各自治体の指示に従って捨てましょう。
f:id:Hiropapa:20191021135351j:image

 

 

後はカバーを付けて準備完了。
f:id:Hiropapa:20191021135542j:image

 

 

我が家はこのように設置。
f:id:Hiropapa:20191021135701j:imagef:id:Hiropapa:20191021135717j:image

背面は熱を放出させるのと、壁の汚れを防ぐため、壁から15センチほど離しておきましょう。

結構背面は熱いです。

 

 

コードを挿せばすぐに電源が入ります。
f:id:Hiropapa:20191021140130j:image

真ん中のエコセンサーは暗くなると、温水の温めをストップするので夜間寝ている時の電気代の節約になります。

 

 

こちらがパンフレット。
f:id:Hiropapa:20191021140420j:imagef:id:Hiropapa:20191021140433j:image

 

 

カラーは4種類選べて、ボトルカバーの色も選べます。

f:id:Hiropapa:20191021140510j:image

我が家は本体をプレミアムブラック、カバーはライトグレーにしました。

お部屋の雰囲気に合わせて選択できます。

 

お水の詳しい解説。
f:id:Hiropapa:20191021140846j:imagef:id:Hiropapa:20191021140934j:image

 

続いて料金表。
f:id:Hiropapa:20191021141013j:image
我が家はプレミアム3年パックで契約。

3年以内の解約の場合は15,000円の手数料なので3年は使ってくださいという契約。

お水の配送料は住んでいる地域により異なり、近いエリアのお水の配送料は無料。

 

我が家は中国地方なので「金城」「南阿蘇」のお水が無料なので「金城」を選択。

 

ウォーターサーバー代は無料。

本体は購入すると5~6万くらいするらしいです。

 

まとめ

以前から設置を検討していたウォーターサーバーを偶然ながらも設置することができて満足しています。

 

良い点としては、いつでも冷たくておいしいお水が飲めることや、コーヒーやインスタント麺などを、お湯を沸かさずにすぐ出来るのはとても良いし楽です。

 

悪い点は個人的にはそんなに感じませんが、ボトルが重く女性の方は大変なとこや、定期配送されるので、ダンボ―ルや、ボトルを捨てるのが面倒くさいくらいです。

 

月々のお水代もそんなにかからないので、ウォーターサーバーを検討の方はお水もおいしく、デザインも良いプレミアムウォーターのサーバーを検討してみてはいかがでしょうか。