L.S.C. BLOG

LIFE STYLE CHANNEL

YKK ap ドアリモで玄関ドアを電気錠にリフォーム

最近の家は玄関ドアが電気錠の方も増えたのではないでしょうか。

 

家の玄関ドアは、築年数のわりにまだキレイだったのですが、どうしても電気錠のドアが欲しくなりリフォームを決意。

 

まずはどこのメーカーに決めようか迷いましたがLIXILYKKapの2択になり、悩んだ末にYKKapに決めました。

 

その商品はこちら。

 

YKKap ドアリモ

ヴェナートS02

f:id:Hiropapa:20190518180135j:image

カラーはショコラウォールナットという色で、他にも沢山のカラーが展開されています。

 

リフォーム方法と価格

 

 

玄関ドアのリフォームには2通りの方法があり、ドアを外し、ドアの外枠も壊して取り付ける方法と、ドアの外枠は残したまま外枠にカバーを付けて取り付ける方法があります。

 

前者はドアの外枠も取り外す為、外壁を少し壊す必要があり、時間も2~3日はかかりますし、費用も高くなります。

 

しかし外枠にカバーを付けるタイプは外壁も傷付けず、作業も1日で終わり費用も少し安くなるので今はこの方法が主流ですね。

 

気になる価格ですが、工賃込みで家は30万くらいでした。

 

 

 

電気錠の種類と鍵

 

 

そしてこちらの商品は電気錠なのですが、種類が2種類。

 

電池式か電源式かという事。

 

家のドアは電池式。

 

電源式は電気配線の処理がいる為、時間と費用がかるので、最近は電池式が主流みたいです。

 

次に鍵の種類ですが、カードーキー、シールキー、スマートキーの3種類。

 

家はスマートキーにしました。

スマートキーは少し料金が高くなりますが、車のスマートキーと同じなので僕は使いやすいです。

 

こんな感じ。

f:id:Hiropapa:20190518011227j:image

f:id:Hiropapa:20190518011315j:image

裏面のネジを外せば電池交換が出来ます。

 


f:id:Hiropapa:20190518011527j:image

ボタンを押しながら引き抜けば鍵が。

車のスマートキーと全く同じです。

 

ガードキーとシールキーも持っていますが、使っていません。

カードキーは財布などに入れて使うか、そのままドアにかざして使用します。

 

シールキーは携帯などに貼って使う事ができるので、それぞれ好みの使い方を。

 

ドア本体のレビュー

 

 

 

まず屋外側ドアの取っ手部分。

f:id:Hiropapa:20190518180213j:image
鍵穴はカバーで隠れていて見えません。

 

ドアの開け方はスマートキーを取り出して、ボタンを押して開けるか、鍵を持ったままこの取っ手のボタンを押して開けるか、カバーを外して鍵本体で開けるかの3択。

 

鍵本体で開ける事は、もし電池が切れて電気錠が機能しなくなった時だけ。

 

使った結果、電気錠の電池の寿命は1年でした。

でも、交換時期になれば知らせてくれるので、鍵で開ける事はないですね。

 

鍵が開くと取っ手の透明部分がに光ります。

閉まる時は赤色に。

 

ドアを開けるとこの部分で鍵の登録が。

シルバーのカバーをプラスドライバーを使って外せば、中にスマートキーの登録ボタンがあります。
f:id:Hiropapa:20190518072010j:image

 

鍵の追加をしたい場合はYKKapのホームページから購入出来ます。

 

最初の鍵は、業者さんが登録設定をしてくれるはずなので大丈夫。

 

追加する場合は自分で登録設定して下さい。スマートキー本体の価格は13,000円くらいです。

 

続いて室内側。

f:id:Hiropapa:20190518185051j:image

まずドアのグレードですが、断熱材が入っているタイプか、断熱材が入っていないタイプがあり、断熱のグレードも選べます。

 

家は冬に玄関が寒くならないよう断熱材入りにしましたが、交換前と比べ、断熱材が入ってる方が若干暖かいのかなと思いました。

 

寒い地域の方は断熱材のグレードは1番高い方がいいですね。

 

室内側の鍵は上下にあり、上側だけ回せば下側の鍵も同時に閉まるので、2回サムターンを回す必要がなく便利です。

f:id:Hiropapa:20190518045434j:imagef:id:Hiropapa:20190518180407j:image

ただ、室内側から開ける時だけは上下2つとも回さないといけません。

 

サムターン部分が赤い表示の場合は、鍵が開いていて、緑の時が閉まってる状態。

 

そして家の玄関ドアは電池式なので、この黒いボックスに電池が。

f:id:Hiropapa:20190518184850j:imagef:id:Hiropapa:20190518194928j:image

交換時期になると赤いランプで知らせてくれます。

 

定期点検も時期が来ると知らせてくれる。

f:id:Hiropapa:20190518201007j:image

 

まとめ

 

交換しての印象ですが、まずドアが軽くなりました。

 

昔のドアはアルミ製で重いので、業者さんが古いドアを片付ける時にすごく重かったみたいです。

 

後はやっぱりドアの開け閉めが楽!

 

今までは家に帰ったら鍵を出して、上下2つの鍵を回さなければならなかったし、夜帰ると暗くて手元が見えずらく、開け閉めに時間がかかっていました。

 

しかし交換してからは、そんな事気にしなくていいので嬉しい限り(^_^)

 

玄関ドアをそろそろリフォームしようと思ってる方や、新築でも電気錠にしようか迷っておられる方は、積極的に電気錠を選んで見てはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村