L.S.C. BLOG

LIFE STYLE CHANNEL

自宅のコウモリ対策は隙間を塞ぐことが最優先!

皆さんは普段、コウモリを見ることはありますか?

大半の人が見ないと答えるでしょう。

コウモリって怖い生き物のように思いますが、実際に触れあって見ると意外に可愛いんです。

 

しかし、自分のマイホームに住み着かれるとなれば話は違ってきます。

 

自宅にコウモリが住み着いた場合の対策

 

 

いきなりですが、コウモリが自宅に住み着かないようにするのは簡単。

 

隙間を塞ぐこと。

 

 

まず、コウモリといえば暗い洞窟の中に住んでいるイメージがありますが、実は私たちの生活の中に潜んでいます。

 

ありとあらゆる建築物の隙間をねぐらにし、住宅でいえば換気口、屋根裏、軒天、瓦の中、シャッターなどに住み着き、糞尿をまき散らし、異臭を放つ。

その糞尿には菌がいっぱいで、人体に悪影響を及ぼします。

 

そして、住宅に住み着くのはイエコウモリというアブラコウモリの一種。

体長は小さく、4~5センチほどで、体重は5~10g。

4月~10月の間に活動し、11月~3月は冬眠に入っている。

 

そのコウモリ、とにかく狭い所が好き。

隙間が1センチでもあればそこに入り、集団で住処にする。

 

問題は住宅にある隙間で、コウモリが外部から侵入しないようにしなければなりません。

 

最近の大手住宅メーカーは、屋根裏の空気を循環させる通気口を、害獣対策クレーム対応の為に、隙間を極力無くしつつ、空気はちゃんと抜けるように設計しているメーカーや、オプションでそのような仕様に出来るようになっています。

 

しかし、築年数が古い住宅は家自体の隙間が多いので、コウモリが多発する地域だと、コウモリの住処にされやすいのです。

住み着かれるかどうかは、結局住んでいる地域によって左右されてしまうのです。

 

自身の体験談を交えた話

 

 

私が現在住んでいる自宅は、築15年の中古物件。

購入前の内覧時に一通り見て、立地も良かったので購入に至りました。

 

ただ、内覧時に一つだけ気になる事が。

 

玄関前、バルコニー、そして軒下に大量のが落ちていたので、不動産屋の担当に聞いたところ、あまり気にした様子もなく、私も数年空き家だったのだから、鳥の糞か何かが溜まってるだけで、掃除すれば問題ないだろうと思いそのまま契約しました。

 

契約も終わり、引き渡しも完了したので、まずは自分で家中の掃除。

そして、気になっていた大量の鳥の糞らしき物もキレイに掃除完了。

これで住む準備も整ったので、住むことになります。

 

ある日帰宅し、玄関前で鍵を開けようとしたその時です。

 

鳥の糞らしきものがまた落ちてる!

 

 

最初はたまたまかと思いましたが、毎日増えていくのでおかしいと思い、玄関前以外のバルコニー、軒下もチェックすると、そこにも大量の糞が。

 

ここから地獄が始まります。

 

毎日帰宅するたびに、糞の掃除をしながらまずは犯人の特定。

最初は単純に自宅周辺で鳩をよく目撃していた為、鳩の仕業と思い込み、鳩対策をしますが効果なし。

ネットで糞の形状を調べたところ、鳩ではなく、ネズミかコウモリに絞られる。

 

さらに詳しく調べ、ネズミではないと断定。

となれば犯人はコウモリの一択。

だがまだ遭遇した事がない。

 

コウモリは夜行性なので昼間はねどこで寝ている

活動を開始するのは18時~19時半なので、その時間帯に家の外を周り軒下を見上げると、 

 

コウモリが何十匹も家の軒下から出てくる!

 

 

この動画のように。

とまあ、かなりの衝撃を受けつつも、まずはこの事をほんとに知らなかったのか、不動産屋の担当に連絡。

すぐに来て丁寧に対応。

 

コウモリ駆除業者さんに連絡をとってくれ、業者さんに見てもらったところ、かなりの数のコウモリが住み着いてるらしく、コウモリをすべて追い出し、軒天全周の隙間を埋める必要があるので、足場を組む費用と施工作業で50万ほど費用が必要だとのこと。

 

その不動産屋は、コウモリが住んでいるなんて知らなかったと言うが、人に売る物件をちゃんと調べもしないでよく売れるなと思う。

私も購入時にもっと慎重になればよかったのだが。

 

その施工費用50万は不動産屋が出すわけがなく、業者さんに、屋根裏の清掃と軒天の隙間は埋めない変わりに、超音波でコウモリを遠ざける商品をネットで購入してもらえれば、屋根裏の清掃と、屋根裏に超音波の機械設置をウチが負担しますと言うので、お願いしたが、不動産屋の負担額は5万ほど。

 

そりゃ50万負担するよりはそっち選びますよね。

納得いかないけど。

 

とりあえずその時は50万がすぐ用意出来なかったので、屋根裏の清掃と超音波の機械を設置してもらうが、業者さんが「一応設置しますけど、こんな物一時的で、効果ありませんよ」と、こっそり教えてくれたが今回は我慢して様子を見る事に。

 

機械を屋根裏に設置して数日。

超音波の音が地味に耳障り。

肝心のコウモリへの効果は、毎日元気に屋根裏に帰ってきてくれてるので、全く効果なし!

 

コウモリ対策に、超音波が効果があるとネットなどで言われてますが、ほんとに一時的なだけで、効果なしなので、無駄なお金を使わないようにしましょう。

 

それから1年ほどコウモリと格闘する毎日。

唯一の救いは冬眠に入る11月~3月。

この時期に外壁の清掃をするが、築15年の外壁の痛み具合とコウモリの糞尿で傷みまくり。

元々内装はリフォームしていたが、外壁は塗り替えていなかったので、これを期に外壁を含む、自宅の大規模リフォームを決意。

 

外壁を塗り替えるという事は、必然的に足場を組む必要があるので、リフォームをきっかけに、コウモリの隙間対策も一緒にやってしまおうと決めたのです。

 

すぐに地元の信頼あるリフォーム会社に連絡し、リフォームを依頼。

担当者にコウモリの事を相談したところ、コウモリ専門業者を呼んで話ましょうと。

そして来てくれたコウモリ業者さんは何と!

 

去年不動産会社から紹介された業者さんと同じ方々!

 

これは運命だと思った(笑)

 

業者さんは私の自宅への施工方法は、去年来たのである程度分かっていたらしく、安心して任せられました。

そして、業者さんから「あの設置した機械役に立ちましたか?」と聞かれたので、

「いえ、全く」と答え、施工が済んだらあの機械を取り外してくれると言ってくれました。

 

私の家が施工してもらったのはこの動画の状態に近いです。

 

 

そして、工事も全て順調に終わり。

見事に軒天の隙間が塞がれ、コウモリが侵入する事が無くなりました。

 

 

こちらが実際に自宅を施工して頂いた画像です。

f:id:Hiropapa:20190609171522j:image

f:id:Hiropapa:20190609171558j:image

ただ塞ぐだけでは屋根裏の換気が出来ないので、画像のように空気の通り道を確保するように施工してもらえます。

 

以上が私の体験談を含む内容でした。

 

まとめ

 

今回のケースのように、住宅軒天の隙間からコウモリが侵入する例は、コウモリが多く生息する地域では多々あるようで、

駆除業者さんもコウモリの活動が活発な時期は、予約いっぱいでかなり忙しいみたいです。

自宅でもし見慣れない糞が落ちていたら、コウモリを疑ってみましょう。

軒天の隙間や通気口、コウモリが入れる僅か1センチの隙間を見逃さずに。

 

コウモリを少しの間追い出したいならこの商品が効果的。

イカリ消毒 スーパーコウモリジェット 420ml

イカリ消毒 スーパーコウモリジェット 420ml

 

 よく使っていて、お世話になりました。

コウモリがビュンビュン出ていきます。

また帰ってくるので必ず隙間を塞ぎましょう!

 

くどいようですが、とにかく隙間!

自分で何かやっても無駄。軒天などは高所で危険。

専門業者さんに全て任せておけば安心間違いなしです。

 

コウモリに悩んでいる方は早めの対策を。

 

 

 

 

 


人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村