LIFE STYLE CHANNEL

日常生活の中からレビュー記事を中心に情報を発信するブログ

スラック フットウェアのスニーカー レビュー 国産スニーカーのサイズ感と履き心地を解説!

スニーカーって人気モデルなら人と被ることが多いし、デザインは好みでも皆履いてるからなんか嫌だなぁ…。

何かおすすめのスニーカーってないかな。

 

そんなあなたに今回は、新鋭の国産スニーカー

スラック フットウェア(SLACK FOOT WEAR)のスニーカーのレビューとサイズ感、その履き心地はどうなのかを、実際に購入した感想と交えて解説していきます!

 

 

 

 

スラック フットウェアとは

まずはレビューの前に、スラック フットウェアとはどんなブランドなのか解説しましょう。

 

スラック フットウェア(SLACK FOOT WEAR)は2017に旗揚げされた、東京発の国産スニーカーブランド。

(運営は株式会社エフ・エー・アール・エム)

  

国内の革靴ブランドと大手スポーツメーカーで経験を積んだ、シューズデザイナーであり、アートディレクターである安田 和也さんがデザインを手掛けている。

 

ブランドコンセプトは

「KEEP IT SIMPLE, STAY INNOVATIVE」

安田さん自身が経験してきた革靴とスニーカーのテクニックを融合し、シンプルで語れるスニーカー作りを目指す。

 

コストカットを念頭にし、安田さん本人が工場に出向いて生産することにより、6,000~8,000円という中心価格帯をリーズナブルにすることが実現。

 

大半の商品をユニセックスにし、ジェンダーレスなデザインとすることで、ペア履き、2足買い、プレゼント購入など、新たなニーズを引き出す。

 

ブランド名の「SLACK 」とは、「ゆるい」という意味合いがあり、誰でも気軽に履けるというところがブランドの強みにもなっている。

 

スラック フットウェア スニーカー レビュー

それではレビューしていきましょう!

 

今回はAmazonでの購入。

f:id:Hiropapa:20210225074658j:image

箱はシンプルにブランド名。

 

箱を空けるとこんな感じ。
f:id:Hiropapa:20210225075241j:image

取り出します。

 

こちらが本体。

デザインはとてもカッコ良いです。
f:id:Hiropapa:20210225075538j:image

こちらのスニーカーはスラックの定番モデルである、CLUDE(クルード)GLというモデル。

価格は税込14,080円。

EL CLUDEという少しだけ価格が高い、よりデザインをシンプルにした、ハイグレードモデルも存在します。

 

付属品には平紐が1セット。

f:id:Hiropapa:20210225081237j:imagef:id:Hiropapa:20210301080822j:image

標準で付いている、エラスティックシューレース(ゴム丸紐)と好みに合わせて交換することが可能。

 

 

各部を細かく見ていきましょう。

 

インソールはシックな黒。
f:id:Hiropapa:20210225081725j:imagef:id:Hiropapa:20210225081805j:image
通気性の良い、メッシュ素材を採用。

 

 

かかと部分は、履きやすいようにストラップが付いています。 
f:id:Hiropapa:20210301081209j:image
ストラップが伸びているグレーの部分は、光などを反射するリフレクター素材

夜間でも安心。

 

かかとの下とつま先下部分はデザイン性のあるものに。
f:id:Hiropapa:20210301081742j:imagef:id:Hiropapa:20210301081820j:image

 

つま先の素材はゴムになっています。
f:id:Hiropapa:20210301082002j:image

 

本体部分はガラスレザー
f:id:Hiropapa:20210302103651j:image

ガラスレザーのメリットはお手入れが簡単で、雨にも強いのが嬉しいポイント

デメリットとしてはひび割れが起きやすいのと、革独特の経年変化をあまり楽しめないところ

 

 

内側のサイド部分には通気孔。
f:id:Hiropapa:20210306150736j:image
ガラスレザーは蒸れやすいので、蒸れ防止に良いです。
 

 

ソールは「SLACK ORIGINAL SOLE SYSTEM」という、グリップと歩行性能に優れたソール。

f:id:Hiropapa:20210305185704j:image

底剥がれ起きにくいバルカナイズ製法で作られています。

 

丸紐シューレースのコードロックは問題あり?

続いてシューレースを締めるとこんな感じ。
f:id:Hiropapa:20210305185737j:imagef:id:Hiropapa:20210305185759j:image
ドレスライクな印象。

ただ、この丸紐のシューレース、コードロックの金具の締め付け力が弱いのか、普通に締めただけで歩くとすぐにほどけるんです

 

こんな風に。
f:id:Hiropapa:20210305192449j:image

我慢して1日履いてみたのですが、コードロック部分からすぐ緩むので付属の平紐に変えました。

 

平紐を使用するとこんな感じ。
f:id:Hiropapa:20210305190602j:image

カジュアルな印象になります。

見慣れてくるとこっちの方が好み。

 

平紐だと普通のスニーカーのように簡単にはほどけません。

 

スニーカーの印象がかなり変わるので、購入する際は注意してほしいです。

私は結構萎えました(笑)

 

同じようにこのスニーカーを紹介している記事なども見ましたし、インフルエンサーの動画なども見ましたが、誰も触れてないので、もしかしたら私のものが不良品なのか、使い方に問題があるからなのかもしれません。

 

コーディネートしている画像なども検索したら、平紐に変えてる方が多かったので、私と同じ理由か偶然なのか真相はどうなんでしょうか。

 

しっかりとした靴を作っているブランドなので、コードロックが簡単に緩むのをそのままにして販売することはないと思うのですが。

 

サイズ感と履き心地

サイズ感に関しては、大手ブランドなどのスニーカーと変わらないので、同じようにサイズ選びをすれば問題ないです。

ワイズ(足囲)が細めみたいですが、私は特に気になりませんでした。

 

履き心地はインソールに通気性の良い素材を使用しているので硬いかと思いましたが、ちょうど良い感じに仕上がっています。

歩行にも問題なく、靴がしっかり足に付いてきて歩きやすい。

 

人によっては靴がなじむまで、足の甲が窮屈で痛いと感じるかもしれません。

 

私は左足の甲が履いてると少し痛いです。

これはその人の足の形状にもよるので、一概には言えませんが参考程度に。

 

まとめ

以上になりますが、私はこのスニーカーを購入して良かったと思っています。

 

満足度としては先ほど書いた通り、シューレースのコードロックが緩むというところが個人的には残念でした。

この事実を書かない方が良いのか迷いましたが、やはり正直にレビューするのが私の信念なので、そこは忖度せずに書かせて頂きました。

 

しかし、スラック フットウェアのスニーカーはコスパとデザインの良さ、革靴とスニーカーのいいとこ取りな部分など、素晴らしい国産ブランドであるのは間違いないです。

サイズ感や履き心地も大手ブランドのものと遜色ありませんし、人被らないスニーカーを探している人におすすめです。

 

今回紹介したブランドを代表する、クルードGL以外にも魅力的なモデルが多数ありますので、新鋭の国産スニーカー スラック フットウェアに今後も注目です!

 こちらの国産スニーカーの記事も合わせてどうぞ↓

www.lifestylechannel.jp