LIFE STYLE CHANNEL

  日常生活の中から様々な情報をお届けするブログ☆

アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 詳細レビュー

今回はコスパの良い商品で有名な、アイリスオーヤマさんの衣類乾燥除湿機を詳細レビューしていきます!

 

 

アイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機

我が家は洗濯物を室内で干すのですが、今の時期に比べ冬場などは乾きにくいので、扇風機を使用して乾く時間の短縮をしていました。

 

しかし、やはり時間がかかるし、部屋の湿気も気になるので、まだ寒い2月頃にこちらの商品を購入。

 

アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機

f:id:Hiropapa:20190512224600j:image

デザインはスタイリッシュで良いです。

 

価格と購入経緯

価格はネットで見ると15,000円~20,000円

 

まだ最近もよくCMで見かけます。

 

何故この商品が欲しくなったかと言うと、以前からアイリスオーヤマさんの商品は色々と知っていましたが、他の大手家電メーカーさんと比べると、安いからそれなりの質なんだろうと思い購入を検討しませんでした。

 

ですが、少し前に妻と二人でテレビを見ていたところ、アイリスオーヤマさんの特集を見て、なるほど!と思い購入を決意。

 

アイリスオーヤマさんはお客様が使って、なるほど!と思う商品を開発しているそうです。

 

それと、開発費用を先に決めて作り、余計な機能も一切無くしそれに伴い価格も抑えられているとのこと。

 

大手さんはこれ使わないだろうと思う機能が多いようです。

 

詳細レビュー

まずスイッチ類。
f:id:Hiropapa:20190512225100j:image

首ふり、サーキュレーター、除湿、タイマーと、タンクの水が満水になったら知らせてくれるランプだけ。

 

 

スイッチは触れるだけで点灯

電源を入れると青く光ります。

スイッチはしっかり押さなくても少し触れるだけで点灯するので楽ですが、たまに押さなくてもいい時に触れただけで設定が変わるので、良いのか悪いのかはその人の好みでしょう。
f:id:Hiropapa:20190512225347j:image

 

首ふり角度はわりと自由自在

続いて首ふりですが左右は自動で、上下は手動で好きな角度に調整できます。

f:id:Hiropapa:20190512230012j:image

 

真上に向けて使用することも可能。

 f:id:Hiropapa:20190512230239j:image

 

裏面にはフィルターがあり、取り外して掃除も出来ます。

 f:id:Hiropapa:20190512230501j:image

 

 

タンクの容量は少し小さめ

その下にはタンクが付いていて、引けば外れる。

f:id:Hiropapa:20190512230634j:image

f:id:Hiropapa:20190512230653j:image

タンクは正直小さいので、2日使ったら水を捨てるくらい。

 

 

カバーを外し溜まった水を捨てます。
f:id:Hiropapa:20190512230843j:image

f:id:Hiropapa:20190512230947j:image

中にはフロートが付いていて水を感知し、タンクが満水になったら運転を停止。

 

 

取っ手も付いているので持ち運びも便利。

重さは人によりますが、若干重い気がします。

f:id:Hiropapa:20190512231749j:image

 

まとめ

冬場に購入し試した結果、部屋の広さ、洗濯物の量、除湿力を考えると乾いてると方だと思いますが、正直に言うと扇風機を使用してた時とそんなに変わらない。

 

扇風機の時は湿気がこもるのを防ぐ為に、部屋のドアを開けっ放しで使用してたからなのか、この商品は除湿機能がある為、部屋を閉め切って使わないと効果が発揮できないみたいなのでその辺りの差かもしれません。

 

でもタンクにしっかり水が溜まってるので除湿は出来てます。

 

サーキュレーターは温風が出てるので、部屋の温度は少し上がって暑い。

 

我が家は洗濯物を夜に洗い干すのですが、設定を全部 にして首ふりありで、タイマー4時間で寝ています。

 

今の時期は朝起きると乾いていますが、冬はほぼ乾いていません。

 

なので設定を全てにしてタイマーも8時間にしましたが、そんなに変わらなかったです。

 

にしない理由としては、電気代もそうですが、音が結構気になります!

 

昼間に使うには気になりませんが、夜の場合はアパートやマンション、一軒家の方も迷惑にならないように気をつけましょう。

 

除湿器の振動が聞こえます。

 

しかし、総じて見るとコストパフォーマンスのとても高い商品です!