LIFE STYLE CHANNEL

日常生活の中からレビュー記事を中心に情報を発信するブログ

トゥミ【TUMI】メンズショルダーバッグのレビューとその使い勝手は?

トゥミのバッグといえばビジネスバッグ。

そんな印象が強いブランドですが、今回はプライベートでも使えるメンズショルダーバッグのレビューと、その使い勝手はどうなのか?を書いていきます!

 

 

 

 

トゥミってどんなブランド?

f:id:Hiropapa:20200930040224j:image

その前にトゥミとはどんなブランドなのか解説しましょう。

 

トゥミは1975年にアメリカで創業された、鞄の製造と販売をするブランド。

チャーリー・クリフォードによって設立。

拠点はニュージャージー州サウスプレーンフィールド。

 

名前の由来は、南米ペルーの偶像「トゥミ」にちなんで名付けられた。

 

鞄の特徴として、革製品の鞄と高耐久ナイロン「FXTバリスティックナイロン」を中心としたナイロン製の鞄を中心に取り扱い、イメージとしてはビジネスバッグの印象がとても強いブランドであり、主にビジネスマンからの支持が高い。

 

 

トゥミ メンズショルダーバッグレビュー

それではバッグのレビューをしていきましょう。

私が所有しているのはこちらのショルダーバッグ。

f:id:Hiropapa:20200928234028j:image

ナイロン製のバッグが中心のブランドですが、こちらは革製品のショルダーバッグで、トゥミのハリソンコレクションという中の「スコット」というモデル。

アウトレットで去年購入したものです。

 

 

裏面はこんな感じ。

f:id:Hiropapa:20200928235005j:imagef:id:Hiropapa:20200929000225j:image

ポケットが付いています。

 

 

サイズは横幅20センチ。

f:id:Hiropapa:20200928234043j:imagef:id:Hiropapa:20200928234054j:image
縦は22センチとコンパクト。


一般的な長財布なら縦向きで収納できます。

f:id:Hiropapa:20200928234608j:imagef:id:Hiropapa:20200928234631j:image
横向きだと無理やり押し込めば入りますが、財布が傷付くのでやめましょう。

 

 

 

TUMIのロゴ。
f:id:Hiropapa:20200928235148j:image
革の質感は、硬すぎず柔らかすぎず丁度良い。
価格は定価5万円くらいを、3万5000円ほどで購入しました。

 

 

タグは取り外し可能。
f:id:Hiropapa:20200928235309j:image

付いていてもそんなに邪魔にはならないです。

 

 

ベルトの金具も質感が高い。
f:id:Hiropapa:20200928235518j:image

長さ調整はもちろんできます。

 

 

開けて財布を入れるとこんな感じ。
f:id:Hiropapa:20200928235739j:imagef:id:Hiropapa:20200928235801j:image

 

中は茶色とブルーでおしゃれ。

f:id:Hiropapa:20200929000205j:imagef:id:Hiropapa:20200929000258j:image

中にはジッパー付きのポケットもあります。

 

使い勝手

使い勝手としてはコンパクトサイズなので、使いやすいサイズ感です。

 

ただ、少し大きいものや、ペットボトルなどを入れるとパンパンになり見た目も悪いので、財布や携帯、車や家の鍵などの貴重品を持ち歩くのには最適です。

 

 

まとめ

私が所有しているバッグの中でも、トゥミのショルダーバッグはとても気に入っています。

 

トゥミのバッグは初めて購入しましたが、ナイロン製が中心といっても革の質感も高く感心しました。

デザインやステッチの感じなども個人的にはグッド。

カラーもブラウンの色味は好みです。

 

収納力の部分では必要最低限の物が収まるので、あまり物を持ちたくない男性や、コンパクトなショルダーバッグを求めている人にはおすすめ。

 

ナイロン製のショルダーバッグもたくさん展開されているので、ナイロン製か、革製のショルダーバッグを好みで選べるところも良いですね。

ビジネスだけでなくプライベートで使いやすい、おしゃれなショルダーバッグです!